FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
永遠の泉
地に落ち逝く時・・・蜘蛛の糸が下りてきました。
それは先生が私に放ってくれた光の糸でした。

糸を手繰ろうか?
この糸を手繰っていけば、先生の元に行ける。
けれど・・・
幼い頃、読んだ芥川龍之介の「蜘蛛の糸」が
思い出されて少し戸惑いました。

この先・・・
ヤキモチを焼かないと約束が出来るのかな?

約束を守るために心を殺してしまう日が来るとしたら、
その時は先生をもっと悲しませることになるのではないかな・・・。

いつも人には生意気な事ばかり言っているのに・・・
私の心の成長には均等に定まっていない部分がありました。

糸を眺めながら・・・
こんなことを考えてる私の浅ましさが嫌いです。
どんなに先生の声を心待ち・・・
声を便りにすぐに飛んでいきたいのに、
素直になれない心の頼りなさ・・・。

だけどね・・・
糸が途中で切れてしまってもいい・・・
それでも私は先生が大好きだから、少しでも傍にいきたいと思う。
そう思ったら・・・恐れるものなど何もないことに気付きました。

私は糸を手繰り・・・そして先生は私を待っていてくれました。

いつも先生に抱かれながら、
私にとって先生がどんなに大切な人なのか感じています。
きっと私の頭が思っているよりも・・・
私の心と体は・・・もっともっと先生が好きなのだろうと思います。

そんな私の心など・・・
きっと先生にはお見通しなのかもしれませんね(汗)

先生が私のブログを読んで・・・
「また大袈裟なんだよ・・・」と言われてしまいました。

先生は私のことを「大袈裟女」だとよく言いますが、
私はちっとも大袈裟なのではなく、
これでも気持ちの半分以上、抑えていると言ったら・・・
きっと馬鹿者を通り越して、呆れられてしまうだろうと思います(^_^;)

だけどね・・・それもまた自然に湧き上がる思いであって、
永遠の泉に枯れろっ!!!と・・・呪文をかけたら、
枯れてくれるというものでもなく、
私にとって先生の存在が絶対である限り、
そこから湧き出るあらゆる感情も泉の源泉となっているのかもしれません。

この五年・・・喧嘩もいっぱいしてきました。
「憎しみ合って別れた方がいい」と先生に言わせてしまったこともあります。

それは今でも悲い思い出となっていますが・・・
だけど・・・憎しみってね・・・・
愛と同じくらい、深く心の記憶に刻まれるということだとも知りました。

「先生に愛されたい」・・・・ずっとそう思ってきました。
でもね、私は愛をもらうことばかり考えていたのかもしれません。

以前、先生に旅行に連れて行ってもらったときに、
突然、真夏の涙雨が降ってきて、その時、始めて先生の涙を見ました。
黒い空を見上げて、とても哀しい顔をしていた先生。

私は黙って先生を見つめていましたが、
次第に先生の心の痛み、哀しみが伝わってきて、
私までとても悲しい気持ちになったことがありました。

感情に説明のない世界であっても、
ただ傍にいるだけで・・・お互いの心を共有することが出来るなら、
私に先生の哀しみを分けて欲しい・・・。

私は先生がいれば元気百倍だから、
私が先生をいっぱい笑わせてあげるからね・・・。
ずっとそう思って一緒に歩いてきたのに
今回、私の捻くれた心が誰よりも大切な先生を
悲しませてしまったことが、どんなことより辛かった。

人生には哀しい時も辛い時もいっぱいあるけれど、
私は先生の笑顔を見ているだけで幸せな気持ちになります。

「愛」って言葉にすると安っぽい気がするけど、
温度差のない距離がとても心地よくて・・・
こんな心の安らぎが「愛」じゃないかな?と感じています。

先生と出会って5年経ちました。
でもね、今を永遠と思えるから・・・
先生がいる今が私にとって永遠の泉です。

FC2 大人の恋愛
恋愛ブログ 人生最後の恋愛
女の子が読みちょっとエッチな小説
BlogPeople「恋愛・セックス/大人の話」

別窓 | 『灰になるまで恋を・・・FOREVER』(H23.5より) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
喜びの種・・・
仕事を終えて帰路に着く。
紫陽花が咲く頃になると夕暮れ時が嬉しくて…
私は毎日、得した気持ちになっている。

冬はいつも木枯らしと駆け足で、
我先勇んで家に駆け込んでしまうけど、
茜色の空の下・・・
日照りで乾いた花壇に水を与えていると、
私の喉まで潤ってくるような気がするんだよ。

昨年に引き続き・・・
今年も沢山の向日葵の種を蒔きました。

向日葵は太陽をまっすぐに見て咲く花だから、
私のような夕顔には不釣合いな花だけど、
でもね、去年は向日葵が咲いたことで・・・
喜んでくれる人達の笑顔をいっぱい見ることができた。

向日葵よりも眩しい笑顔の花・・・
私は向日葵に二倍の喜びをもらったんだね。

世の中、そんなに悪い人ばかりじゃないよね。
ホントはね・・・
人に意地悪して気持ちいい人なんていないんだよね。

小さなことにも喜びを感じられたら・・・

きっとみんな優しくなれるはずだから、
私は今年も大切に向日葵を育てようと思ってる。

FC2 大人の恋愛
恋愛ブログ 人生最後の恋愛
女の子が読みちょっとエッチな小説
BlogPeople「恋愛・セックス/大人の話」

読んでくれてありがとう

別窓 | 『灰になるまで恋を・・・FOREVER』(H23.5より) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
テルテル坊主・・・
月が雨雲に隠されてしまうからかな?

心なしか独りぼっちが寂しくて
先生からもらったメールを読み返しては・・・
励ましの言葉ばかり捜してる。

けれど・・・雨の雫に心流され・・・
雨音に心打ち消れてしまいそうで、
獄窓にメガネを掛けたテルテル坊主の絵を描いた・・・。

明日天気になりますように・・・
朝、バスを待つ先生が濡れてしまわないように・・・。


別窓 | 『灰になるまで恋を・・・FOREVER』(H23.5より) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
夕涼み・・・
夕涼み・・・

藍色の空を眺めながら、 

今日の疲れを癒しつつ 

愛しい人の帰り待つ・・・。

けれど・・・

待てど暮らせど 帰らぬは・・・

家路を持たぬ蜻蛉を

待っているからなのだろうか?

美 月

別窓 | 『灰になるまで恋を・・・FOREVER』(H23.5より) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
粗末で贅沢な夕食

今日、父と電話をしていたら「干し納豆が食べたい!」と言いました。

父の田舎、茨城の名産であるけれど、
マニアックな商品だからそうそう売ってない。

午後の三時・・少し気だるい午後だったけれど、
干し納豆を求め、小さな独り旅をしてきました。

千葉との県境の街、境市の道の駅には、
茨城の特産物が売っているのを思い出して、
車を飛ばして往復2時間の旅でしたが、
今夜の私の夕食を贅沢な物にしてくれています。

                      
贅沢な食材

偶然、私が好きだった甘露梅が売っていて嬉しくて・・・
大好きなとうもろこし、はぐわうり、キュウリ、凍り豆腐・・・
それから、にんにく味噌・・・最高の食材です。

売り手と会話する中で料理方法を教えてもらったり、
つまみ食いをさせてもらってから、美味しいものを選んで買う。
私の子供の頃の買い物の仕方が、ここにはまだ残っていました。

           
豊かな夕食

そして夕食・・・・・。
もちろん、これは私だけの夕食です。

子供達には昨夜よりハヤシライスを煮ていたので、
それとプライドポテト・・・。
私の夕食と同じ野菜の食卓には出ていたのですが、
どれも人気がなかったみたいです。
そして、それぞれが忙しそうに出かけていきました。

待ちに待った私の夕食の時がきました(*^^)v
この時間の演出の為に・・・
蚊取り線香まで買ってきたのですから、
今夜の夕食の力の入れようは、かなりのものです。

音の無い時間・・・
目の前には色付き始めた梔子の花。
そして、夕風と蚊取り線香の香り・・・。

                  
梔子 白黄

動いているとまだ暑いと感じるのかもしれないけれど、
こうして静かにしていると、
夜風が心地よいほど滑らかに肌を舐めてくれています。

本当だったら、
独りで取る夕食は、どこか寂しいものなのかもしれませんね。

だけど、私にはいつもの夕食より豊かに感じられているのは、
どうしてなのかな?

もちろん・・・
「たまにだから良いんだよ!」と言うのもわかります。
だけどね・・・そう言う物理的なことではなく、
ただ穏やかな時間を過ごせていることに
かけがえのない贅沢を感じているのかもしれません。

あと少し・・・本当にあと少しだけ・・・欲を言えば・・・
先生が目の前にいたら、もっといいなぁ?と思う。

本当はね
この食材の他に枝豆があるはずでした。
枝豆は、先生の大・大・大好物です。

せめて先生と同じ食を共有しようと、
最後の一房が残っていたので手にしようとした時に
お出かけ帰りらしき老夫婦が来て、枝豆を買おうとしました。

私は買うのを止めました。
おばあさんが遠慮がちに「もらっていいの?」と言ってくれたけど、
私は笑って「昨日も食べたので、どうぞ・・・」と言いました。

だって・・・
二人で食べたほうが美味しいだろうと思ったから・・・
枝豆だって・・・
笑顔で食べられた方が嬉しいだろうと思ったからね。

ごくごくたまの休日に・・・
先生と明るいうちから出かけられる日の昼食が、
私には涙が出るほど贅沢なご馳走であり、至福の時です。

だけど、いつも食べる物は決まっていて、
堅焼きそばと野菜の炒め物、トマト程度の
憂さぶれた街の粗末な料理であっても、時間を気にせず、
ゆったりと焼酎片手に語り合いながらの食事。

こんなどこにでもある光景に贅沢さを感じるなんて・・・。

私は、今まで何を求め走り続けてきたの?と思ってしまいます。
だけどね・・・
こうした時間を持てることによって、また走れるんだと思います。

先生に出会った頃の夢は、 毎日、今日と同じように・・・
先生と一緒にその日食べるものを真剣に考えて、
その日食べたいものを食べる、そんな生活に憧れていました。

最高の贅沢な時間の演出の為には、器も自分で焼き、
野菜など手作りできるものは全部、自分で作る。

穏やかでありながら、
豊かな心を育める食生活と生き方・・・。

でも贅沢な時間を手に入れる為には、
私はまだまだ駆け巡らなくてはならないでしょうね。

だけどね・・・
最近の私は、最後までこの時間が持てない方が
幸せな生き方なのではないかな?と思っています。

欲しいものが手に入らなければ・・・と言うより、
欲しいものが次から次へと浮かんでくる人生の方が、
生きてる価値があるような気がして、
「もうこれでいいの!」なんて、思った時点で・・・
人としての成長は、そこで止まってしまうのだろうと思います。

こんな大それたことを私に語らせてくれるのだから、
物言わぬ野菜の方がよっぼど夢を捨ててしまった人より
話し相手になってくれるものですね。

道の駅の帰り・・・
暮れなずむ夕陽の下、風をいっぱいに吸い込みながら
トマトを丸かじりしました。

昔食べた皮のぶ厚いすっぱいトマトの味がして、
ちょっぴりセンチな気分になったけれど、
私はもう子供じゃないからね・・・泣いたりしない・・・。

追 伸・・・
今日の午後、心細い休日にも関わらず、
思いを寄せる先生から一通のメールが届きました。

そこには・・・
「今日は暑い、熱中症に注意しろ!」とだけ書いてありました。

ホント・・・ (^^ゞ 

先生は健康を気遣ってくれるにしても「お前は病気になるな!」 
ちょっぴり疲れてしまったら、「お前は元気でいろ」と、
同じ誕生日のくせに・・・いつもえばって、いつも私に命令します。

そして・・・
私が命令をきかなかった時は大変っ!
いつも眉毛を三角にして、怪物君になってしまいます(^_^;)

これでは・・・
私は病気にもなれないし、怪我も出来ません。
だけどね・・・
だからこそ、健康でありたいと願っています。

妄想の座敷牢?紅殻格子の世界?
FC2 大人の恋愛
恋愛ブログ 人生最後の恋愛
女の子が読みちょっとエッチな小説
BlogPeople「恋愛・セックス/大人の話」
おすすめの恋愛ブログ

読んでくれてありがとう


別窓 | 『灰になるまで恋を・・・FOREVER』(H23.5より) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。