FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
芝居の幕が下りるとき…
普段、芸能ニュースにあまり興味はない。
特に男女の関係は、組み合わせの数だけ物語りがあって、当事者以外にはわからない心情があるからね。

まして芸能界という異界にいる人達に一般論など通用しないと思うし、真実などあってないようなものかもね。
まあ逆を考えれば、芸能界に住む厳しさを知らないのだから、一概に言えない部分も多いと思う。

※ 一昨年12月に35歳下の一般女性と再婚した俳優 寺田農(69)を相手取り、10年近く事実婚状態にあったとする55歳の女性が婚約不履行で東京地裁に民事提訴する準備を進めている。

このお話は変な部分だけが興味深くて、色々と考えさせられたりするんだよね。

「45歳から55歳の女にとって、これが最後の恋だったんです」

「自分は年だし老後が不安。あちらは資産家だから僕が病気で倒れて役者ができなくなっても『面倒見てくれる』と言っている。君は僕を養えないだろう」

もちろん10年間の間に色々なことがあったと思うけれど、それは人の事だから置いといて…(~_~;)

ふと!思ったのはね…旦那さんにこんな台詞を言われて離婚を迫られたら、妻は何て返すんだろうと思った。

今思っていることは法律的なことではなく、男と女の心情として考えてみるんだけど、結婚する時に「一生君を養うからね」とちゃんと言われた妻は、大嘘つきというかもしれない。

だけどね、「幸せになろうね!」と言われた場合、「幸せ」という確約を貰っただけのことであって、特別な具体案が提示されないまま漠然とした安定を想像して結婚を決めたりする場合が多いよね。

「あなたが居なくちゃだめなの…」
…と最初から思って結婚した女性は苦労があってもどこか幸福そうで、「こんなはずじゃなかったのに…」と嘆くことは少ないと世間を観ていて思う。

だけど意思の疎通の無いままに、それぞれが思い描く人生プランが違った場合、幸福の期待度が大きかった方が騙されたと思うものかもしれないね。

今回のことを自分のことに置き換えてみると、10年間に彼の本当の姿が見えなかったのかなぁ~と思うんだよね。
人間の性格ってそうそう変わるものではないと思うし、変われるものでもないと思う。

私は先生と一緒に居て、やっぱり先生って先生だなぁ~と今でも思うことばかりで、私が思う先生の人格が揺らぐことはなかった。
怒っている時も笑っている時も、先生って先生なんだなぁ~と思うもん(*^_^*)

だからかなぁ~、男性俳優のいう深い付き合いは最初の4年だったというのは本心かもしれないと思った。
だけどね、そんな大それたことを世間に堂々と言ってしまえる人が、果たして海千山千の女性を長きに亘り騙し続け、愛人としてキープしておこうとするのかなぁ~。

う~ん、もしそうだとしたら、彼の演技力はアカデミー賞ものではないか?と妙なところで感心したりする。
でもね、芝居は芝居に過ぎず、いつかは幕が下りてしまうものかもしれないよね。
美月

PS…私なら愛した時間をお金に換算したりできないだろうなぁ~・・・と書かれた方が、よっぽど女としては怖い存在かもしれないなぁ~(~_~;)

関連記事
別窓 |  今ある心のままに… | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
心配なものは心配
先生が高熱で苦しんでる。

39.3℃から38.9℃に下がったと言われても、株価じゃないのだから多少の変動を喜べないし、心配なことに変わりないよね。

メールには心配不要と書かれてた。

必要性から言えば、私が心配したからといって、何かが特別変わるわけでもないと思うよ。

だけどね…

先生…熱に弱いんだよね。

体力的蓄えも少ない方だし、それに体にかかる付加を喜べる体育会系男子でもない。

最近、調子悪そうだった。

直接顔に触れられる機会はなかったけれど、なんとなくしっくりと来なかった。

今年に入ってから仕事の忙しさに加えて、苛立ちも多くなったと思う。

先生はストレスを抱えるタイプではないけれど、でも会社組織は一人とは違うから面倒なことも多いだろうしね。

どんなに先生が社内で優秀であっても、組織を分散化することで先生の代わりは見つかるかもしれない。

だけど…私の慕う男性は、先生ただ一人なんだよね。

代替え人は居ない。

だから先生のすることはどんなことも応援するけれど、頑張ってとは言わない。

だって頑張る人に「頑張って…」とは言えないよね。

美月
関連記事
別窓 |  今ある心のままに… | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
先生…大丈夫かな?
先生…大丈夫かな?

大丈夫じゃなくても、何もして差し上げられないけれど…。

こんな時だからこそ、与えられたことをちゃんとやらなくてはいけないと思っている。

だけどね、いつも通りのことをやろうとしても、先生のことを思い出すと手に付かないし、そんな器用さは欲しくない。

何かをしながら気を紛らわすより、先生の回復を願いながら元気な便りを待っていたい。

一途は不器用とも言えるかもしれない。

でも器用だからこそ思いを一つに出来ないこともあるよね。

私はどちらかと言えば要領が良い方だと思うけれど、先生を慕う気持ちだけは器用貧乏なれないなぁ~。

美月
関連記事
別窓 |  今ある心のままに… | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
春はすぐ傍に…
まだまだ寒い日が続いていて、これからも厳しい日と戦うんだけど、なんとなく季節の変わり目なんだろうね。

お日様の顔が長く拝めるようになったし高さも違ってきた。

日溜まりの中にいると強張った体と心も和らいでいくよね。

天から差し込まれる光が希望の帯のように思えてきて、上を向いて歩いて行こうと思う。

今朝、水やりを控えていた植木鉢の縁に小さな春を見つけた。

朽ちる命の隣で、誰に愛されることなくひっそりと顔を出す新たな命に春を感じた。

春になれば草木も栄える。

こんな当たり前のことを喜べるのは、厳しい冬があるからかもしれないよね…。

ん?そうなると不幸がないと幸せって成立しないものなのかなぁ~。

う~ん、だから人間の心ってややこしくなるんだろうね(^_^;)

美月

関連記事
別窓 |  今ある心のままに… | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
窓の外は雨
午後になって雨が降ってきた。

雨は嫌い…。

先生の居ない平日の雨が言葉にならない切なさを煽る。

会いたい…。

でも会えない…。

そぼ降る雨を数えてみれば、会えない時間を長く感じてしまう。

瀬をはやみ 

岩にせかるる滝川の 

われても末に

あはむとぞ思ふ
(崇徳院)

百人一首の有名な一首。

別れ別れになっているあなたと、またいつか逢いたいと思っています。

美月
関連記事
別窓 |  今ある心のままに… | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。