FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
愛ってね・・・願うことから始まるのかもしれないね
思い立ったら・・・走ってしまう。
それは何に対してもそうなのかもしれない・・・。

なぜ?走る・・・と先生に言われることが良くある。
私はあわてん坊でもあるから、この前も待ち合わせ場所を巡って、二度ほど電車を勝手に乗り換えてしまったし…(^_^;)

なぜ?急ぐのか?と問われれば、そこに焦りはなく、走れる場所が見つかると、ただ嬉しくて走ってしまうのだろうと思う(*^^)v

子供の頃は走るのが好きだった。

運動会のかけっこは一等賞ばかりだったから嫌いではなかったけれど、人と競って走るのではなく何げなく走り出してしまいたくなる時が好きだった。
ゴールなんてなくても、どこまでも・・・どこまでも・・・遠くまで走っていけるような気がした。

いつしか走ることが嫌いになった。

何の為に走っているのか?わからなくなって、それなのになぜ?走らなくてはいけないのか?わからなくなった。
そんな自分は好きじゃなかった。

走りながら、後ろを振り向く。
また少し走りながら・・・過ぎ去った景色の中に忘れた何かを探してる。

私はずっと砂浜に絵を描いていたのかもしれない。

波が来れば消えてしまうとわかっていた。
それでも心に描いた幻を現実のものとして書き上げたくて、遠くでうねる波と時を争いながら、いつか消えてしまうだろう儚さに願いを込めていたのかもしれない。

結末を知れば、誰もやらないだろうこと・・・。
それは生きることも同じかもしれないよね。

私は運動会が大好きだったし、コースのない路地裏を忍者のように走っている時も好きだった。
そして誰の眼に止まることない絵を、灰色の砂に懸命に描いている時の寂しさも嫌いじゃなかった。

それは誰も知らないことだけれど、でも・・・いつか・・・誰かにこんな私を知ってほしいと思っていたのかもしれない。
言葉で伝えなくても「お前なら・・・きっとそうするだろうよ」と優しく微笑んで欲しかったのかもしれない。

特別、神様にお願いして貰った出会いなどないと思う。
でも私の心に願いがなかったら、貰えなかった出会いもあると思う。

「願いってね…、願うから叶うのよねっ・・・」

そう言い続けた母の願いは、叶ったのかなぁ?
きっと母の願いは、父を愛する喜びを「願」としていたのだろうけれど、両思いなのに片思いだったのかな。

どんなに愛されても、愛されるたびに愛が深くなってしまうからね。
女は男に恋する限り、永遠の片思いを覚悟しなくてはいけないのかもしれないね。

あといつかしたら・・・
母の最後の願いが叶う日が訪れるだろうけれど、今の私ならその日を穏やかに迎えられるような気がしてる。
美月
最後まで読んでくれてありがとう(*^_^*)
ブログ村 人生最後の恋愛 ランキング参加しています。 
    
にほんブログ村 恋愛ブログ 人生最後の恋愛へ 
この恋を『最後の恋』と言い切る方々のブログには、
愛しい人への限りなく深い愛情が切々と綴られています。

お時間のある方は、こちらも合わせてお楽しみください。   
FC2 おとなの恋愛   人気ブログ 不倫愛 

別窓 |  今ある心のままに… | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<真昼の初夜 | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 私を受け入れて・・・>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。