FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
夢と女と男
夢を捨てずに生きていきたい・・・

愛する人がそう言った。

正面向かって夢を映像化する先生の後ろから、私は先生と夢を重ねて見ている。

男の後ろを女が歩く…。

男が理想とする貞淑で慎ましい女性像かもしれない。

と思っているうちは、男も女もまだまだ未熟者のような気がする。

男性は闘う生き物だから、女は愛する男の傷つく姿も見て耐えなければならない。

互いに痛み苦しみながらも、男が後ろに下がれば女にぶつかる。

そして後退する先に崖があれば、女が先に地に堕ちる。

「俺について来いっ!」

と言える男が少なくなったのは、優しい男が増えたのではなく、夢と女と心中する覚悟ができないからかな。

二人仲良く手を繋いで歩く道のりは楽しいかもしれないけれど、それでは男が下ったことに気付けない。

男が戦うことから逃げてしまえば、女がその代わりを務めなくてはならないのだから、女は男を必要としなくなってしまうよね。

今の社会を見ていると、ふと!そんな気がする。

愛する男を支える女は、時に母のように厳しく残酷に思うかもしれないけれど、心殺して涙を隠す女の痛みをわかってくれる相手なら、女はどこまでも男に尽くし通せるものだと思う。

優しさと曖昧さを履き違えてしまえば、必ず転ぶのは世の常で、女も男に着いて行く気があるのなら、自分の腹に短刀を突き付け、男の後ろを歩く覚悟が必要になるよね。

少し厳しい言葉かもしれないけれど、愛も夢も命を賭けるに相応しい出題。

どう解くかは、○○○次第です。

さて…あなたは○○○に何を当て嵌めますか?美月

追伸…
金曜日、馴染みのおでん屋のお母さんの一言に感銘を受け記事を書きました。
「どんなことがあっても、好きな男のすることに黙って着いて行くのが女の務めでしょ!」

お母さんの鶴の一声を聞いた先生は、すくっと椅子から立ち上がり、「そうだ、そうだ!」とまるで子供が駄菓子屋で一等くじを引いたみたいに、それはそれは嬉しそうに同感していました(笑)

まったく、この店の人達は…私を落として喜んでいるのだから、腕と味と良いけど性格悪っ(^_^;) 

最後まで読んでくれてありがとう(*^_^*)
ブログ村 人生最後の恋愛 ランキング参加しています。 
    
にほんブログ村 恋愛ブログ 人生最後の恋愛へ 
この恋を『最後の恋』と言い切る方々のブログには、
愛しい人への限りなく深い愛情が切々と綴られています。

お時間のある方は、こちらも合わせてお楽しみください。   
FC2 おとなの恋愛   人気ブログ 不倫愛 

別窓 |  今ある心のままに… | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<トイレの神様 | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 父の日の思い出>>
この記事のコメント
そう言える関係
さつきさん、コメントありがとうo(^-^)o

「信頼」良いですね!

私は「信頼」「愛情」と言えるさつきさんの生き方が素敵だと思うし、彼の存在あってかなと思います(^w^)

一途って簡単そうで難しいでしょ(笑)

言葉ではいくらでも言えるけれど、その言葉を真剣に受け止めてくれる相手の存在によって生かされる言葉だと思うからね。

でも以前からどこか笑えるお二人で(…笑ってごめんね)、ほのぼのしちゃうんですよねo(^-^)o

それから…

もちろん先生は私のブログを知っていますよ(^O^)

恋愛ブログには相手の方が知らないものも多いですよね。

でも自分の書きたいことを書けることが理想だと思うから、相手に知られない方が書きやすいのなら秘密もいいと思います。

私はと言うと…実は隠す意味がどこにも見つからないから、先生に言ってしまっただけです(^_^)v

まあね、勝手にあれこれと馬鹿話を暴露される先生からすれば迷惑な話だと思いますが、ホントは個人情報を自由に書かせてもらえることに、深く感謝しなくてはいけないのかもしれませんね(*^o^*)

美月
2011-06-30 Thu 18:17 | URL | さつきさんへ←美月 #JfS/iw4c[ 内容変更]
美月さんへ
あたしの ○○○は やっぱり
『信頼』 と 『愛情』 かな。。。

信頼できる関係になるまでには お互いに
たくさんの愛情が必要だし そうやって
築いた信頼できる相手のすることは
やっぱり信じて付いていける。
相手の夢が あたしの夢。
そのためには 我慢もするし 時には
愚痴も聞くし・・・

ところで・・・
このコメントの先生は 美月さんの先生ですか?
ブログのことご存知なんですね♫
ブロともさんもそうだけど 婚外ブログの存在を
彼が知っているカップルは 凹んだ内容の時があっても
ほんとに安心感があります。
2011-06-29 Wed 11:31 | URL | さつき #57cQzzjc[ 内容変更]
先生、コメントありがとうございます(^_-)-☆

そうですね・・・
黙って着いていくと言っても二通りあるでしょうね。

何も言わず黙っている方が、得だと思う女性もいるでしょう!?
でもそれでは「着いていく」と意味が違うでしょうけれど…(^_^;)

男は「俺は男だ!」と思っていればいいのだと思います。
それが女には持てない価値だからね。

女というのは、男の背中を追いかけている時が一番、輝いているのかもしれませんね。

男は狩りをする。女は獲物を待つ。
世の中の風潮からいけば、だから男は浮気者となるかもしれないけれど、
実際のところ、狩りのできない女は、有能な男を狩ることで生き延びられる(笑)

でも男の狩りは、女、子供の為ではなく、自分の為(やりがい、仕事)だという事を女は知らない。
だから男は、女を馬鹿だと思うのでしょうね(^^ゞ

男は男であり、女は女…。
お互いの性に理解しがたい部分を持っているから、面白いのだと思います。

ちなみに私は口煩いらしく、それに黙って着いていく女でもありませんが、
がっしりと取り憑いていると思います。
美月
2011-06-21 Tue 23:08 | URL | 先生へ←美月 #-[ 内容変更]
あまり自信ないなあ
なかなか黙ってついて来いとは言えませんね。
そこまで価値があることを信念持って精進しているかと言うと、ややトーンが下がってしまうのが世の常でしょう。
でも並んでは歩かない。
女は口が五月蝿いから、面倒くさくなってしまう。
意地でも俺が偉いのだと繰り返すだけ。
そんなものだろう。
何の根拠もなく、それでいいんだろうと思います。
2011-06-21 Tue 00:01 | URL | 先生 #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。