FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
悲しみは駈け足でやってくる
明日という字は、明るい日と書くのねぇ~(*^^)v・・・という唄い出しの歌が昔々あった。
「明るい」も「字」も漢字で書くことができないほど幼い頃だった。

この歌の題名は知らなかったし、新たな歌が世間で流行ると気持ちは新曲に惹かれていった。そしていつしか最初の出だししか唄えなくなっていて、私の記憶には楽しい曲として残っていた。

この曲の題名は「悲しみは駈け足でやってくる」と知ったのも、先生に出会って「明日」の喜びを伝えたくてメールに想いを綴った時だった。

昔、悲観論者でありたいと思っていた。
そうであれば悲しむことも少ないような気がして、あえて幸福を否定したい気持ちになったりした。

でも悲観論者ほど、実は楽観的でありポジティブ思考を根っこに持っているのではないか?と最近、思う。

私だけに限らず、日本人はどちらかというと悲観論が好きな人種だと思う。
TVドラマを見ていてもそうだけれど、観ている者の殆どがハッピーエンドを願っているしね。

不幸になってしまう粗筋に対しては厳しく粗を探すけれど、最終的に幸福になった場合、少々途中で話が見えなくなったとしても満足してしまう。

それってね…悲観的要素を持つことで幸福になるポイントを明かにし改善することで、明日を明るく生きられると個々に信じているからかもしれないよね。

明日・・・先生に逢いに行く。
だけど悲観的なことなど一切思い浮かばないほど、逢いたい人に逢える喜びが私の心を明るくしてる。
美月

別窓 |  今ある心のままに… | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<乙女のワルツ・・・(美月) | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 幸福の価値>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。