FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
お返事遅くなりました
Mさんへ・・・
すっかり浮かれていて返事が遅くなってしまいました、ごめんなさい。
ご質問の答えになるか?わからないけれど、私なら…を考えてみました。

ブログの記事としてお返事するのは、本来、申し訳ないことだと思っています。
でも同じような悩みを抱える人がこのブログを読んでくれたとして、少しでも心の整理をするきっかけになればと思いここに書こうと思います。

まず私は、先生と割り切った大人の恋愛ができません。
恋を遊びとできるなら、妥協や割り切りも多少ありとするかもしれないけれど、本気だと直球勝負になってしまう。

先生にカーブは投げられません。
どうせ球筋を読まれてしまうなら、渾身の力を込めて一球一球ストレート勝負です(^^♪

先生と時間の概念の話をよくします。
同じ時間であっても使い方次第で重さも深みも違います。
また人間関係においての時間の単位は、過ぎた月日を逆算して数えるのではなく、密度で計るものだと先生は言います。

私もそう思います。
私は結婚して二十年以上の月日が経ちますが、実は主人のことを良く知らないことに気づきました。

もちろん食べ物の好み、趣味、性格、行動など…目に触れるものは知っています。
でも内面的な部分の殆どを知らないし、月日が経てば経つほどわからなくなりました。

それから先生と私は記念日を持ちません。
出会って何年目と、過ぎた年を確かめ合うような祝いごとは一度もありません。

まして誕生日が一緒だからといって、この出会いを運命論などに託けたら直下型の雷がすぐさま落ちるし、運よく叱られない時は「くだらん!!!」と一言だけ言うと、あとは(ふん!)とそっぽを向かれてしまいます。

先生は過ぎ去った歳月に重みを置くことに深い意味を持ちません。
「過去の回想など死ぬ時すればいい…」と先生は言います。
またどんなに愛し合ったとしても絶対的関係はないと言い切ります(^_^;)

今を生きることに精一杯でありたい。
そして今を大切にできなければ明日もないと思うようになれました。

Mさんが彼を死んだと思っていたのなら、このまま死なせたままでいいのではないですか?
生きていても逢えない人は、死んでいるも同じだと私は常々思っています。

お互いに逢いたい気持ちがあっても逢えないのは、現代では稀なことだと思うからです。
逢いたい気持ちが一心であれば、知恵の限りを絞りに絞って逢いに行きます。

たとえ一分でもいい…、どんなに遠くても…一目顔を見るだけでいいから、好きな人の存在に触れたいと思うのは自然な感情だと思うからです。

そして彼に他に女性がいると感じてしまったら、実際にいるいないに関係なく、一度抱いた不信感が消えることはないと思います。

いない…と言われて、その言葉を素直に受け入れられますか?
いる…と素直に言われたら、諦めますか?
それとも他に女性がいても、それでも傍にいたいと思えますか?

妄想とはいえMさんにとっては彼が死んでくれていた方が、心を納まるのに都合が良かったのではないか?と思いました。
心の中で殺したはずの彼が生きていたとなると、再び自分を傷つける材料となることを恐れているのかもしれませんね。
それが今、Mさんが心のコントロールを失っている要因になっているような気がします。

彼が離れていった事実を認めるのは苦しいかもしれません。
別の部分で尊敬していた男性が、世間一般でいうチャラ男だと思いたくない気持ちもわかります。
そんな相手を選んだ自分まで否定しなくてはならないことを辛く思うかもしれませんよね。

お話を聞いた時、この恋の結末を『死』という完全別離世界に隔離したかったのではないか?と感じました。
きっと自己防衛本能が働いて、我が身を守ろうとしたのでしょうね。
またそこまで思い込まなければ、正常な日常を送れなかったMさんの心情を察すると心が痛みました。

私なら…
先生と音信不通になったら、絶対に生きていると信じて行動すると思います。
どんな手段を使っても、必ず先生の無事を確かめに行きます。

不倫不貞だから迷惑をかけられないなどと、悠長なことは言っていられないのです。
私なら居ても立っても居られない。
周りの景色も見えなくなって、先生の顔しか浮かんでこなくなります。

たとえ先生と別れることがあっても、私の中から先生を消すことも殺すこともできません。
別れを一つの区切りとして割り切らなければ苦しみ続けるとわかっていても、狂い死ぬまで思い続けたいと思うのです。

なぜ?そこまで先生に執着するのか?わかりません。
どれほどまで慕えば、愛と呼んでいいのか・・・それさえもわかりません。
だけど先生は私の生き甲斐だから、先生の代わりなどいないと思っています。

一人になるのが怖いわけではありません。
孤独には慣れています。
私は先生が大好きだから、どんなことがあっても離れたくないと、ただそれだけを願うのです。

こんな大それたことを平気で言ってしまう女だから、不倫恋愛希望の男性からすれば、さぞかし恐ろしいでしょうね。きっと「さよなら…」も告げられず、触らぬ神に祟りなしとばかりに静かに去られてしまうと思います。

私はそのことを悲しむことはないと思います。
好きであっても自分の感情を押し殺しての恋愛は、長続きしないと思うからです。
今年の八月で49歳になります。
まやかしの現実に無駄な時間を費やすのが惜しいと思う年になりました。

私の中にこんなにも激しい情念を持った女が住んでいたなど、先生と出会う42歳まで知りませんでした。
だからかな・・・私は先生との出会いを、女として経験する初めての恋だと思っています。

それからMさんの彼は、SEXを広めるタイプかもしれませんね。
以前、先生が話してくれたことがあったのですが、SEXを広めるタイプと深めるタイプがいるそうです。

それは男女限らずいえることかもしれませんが、女はずるい生き物だから貞操こそ純愛と男性の好みで指すけれど、どちらにしても同じ探究心でありながら、性への考え方にはそれぞれ違いがあるのかもしれませんね。

別人として男が女と別れる理由を彼に質問をした件ですが、以前似たようなことがあったことを彼が学習していれば(思考、文書から推測するその人なり…)彼はMさん本人の質問に答えたのかもしれません。

たとえ直接、本人だと確認しなくても良かったのかもしれませんね。
伝えることは伝えたという事実が、彼の身を守る手段となるでしょうからね。

出会った掲示板と同じ掲示板に彼が出現したのであれば、Mさんが来ているかもしれないと予想するのは簡単なことです。
たとえ書き込みがなくても、Mさんが読んでいるのでは?と想像くらいはつくでょうね。
それを踏まえた上で彼が同じ場所に現れたとしたら(別名であっても)、それが全ての答えになると思います。

また彼がその程度のことを想像できない人だとしたら、正直に申し上げればあまり頭の良くない人かもしれません。

頭の良し悪しは、地位や名声、職業など一切関係ないと思います。
もしかしたら、Mさんは彼の肩書きに彼の本質を重ねてはいませんか?
テレビを見ていてもそう思うことないですか?

あれだけ多くの政治家がいても、人を導ける人が一握りもいない。
有り余る権力を持ってしても、少数の国民さえ感動させることもできない。
結局、職業的知識を豊富に持っていても、学んだことを生き方に活用できなければ、間違って刷られたコピー用紙と同じだと思います。

話が横道に反れてしまいました、ごめんなさいm(__)m

さて・・・ここまで彼を罵られて、Mさんはどう思われましたか?
「美月さんなんて、彼のこと何もわからないくせに…」と私に対して怒りが込みあげて来ましたか?
腹立たしく思う気持ちがあるなら、きっとまだ彼をお好きなのでしょうね(*^^)v

追伸…
厳しいことを沢山書いてしまいました。
Mさんの心を一層沈ませる内容になってしまったかもしれません。

そうだとしたら…本当にごめんなさい。
だけどね、Mさんから真剣に頂いた相談だと思うと、曖昧な優しさは失礼にあたると思いました。

この恋の終止符を打った原因を探りつつ、心のどこかで自分の否を責めていませんか?

彼を恨むなら、恨み続ければいいと思います。
彼への想いがドロドロに溶けてなくなるまで、恨んで恨んで愛し続ければいい…。
人を恨んで生き続けることが虚しいと思えるまで、般若となりとことん愛に狂えばいいと思います。

きれいごとなど並べたところで、何も解決しない。
今ある苦しみは、醜い自分も含めた自分自身を愛することで救われるような気がします。
美月

お時間のある方は、こちらも合わせてお楽しみください。   
FC2 おとなの恋愛   人気ブログ 不倫愛 
別窓 |  今ある心のままに… | コメント:7 | トラックバック:1 | top↑
<<物(恋)作りは人作り | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 楽しくて恋しくて眠れない>>
この記事のコメント
大丈夫ですよ~
美月さん、こんばんは。

自分の期待していた答えじゃないなんて、思ってないですよ~。
私ね、日々グルグル考えが変わってしまうんです。
あ、そうそう毎日、Drのことを考えてるわけじゃないですよ。
ちょっと、まだ不安定な日もあって・・・
色んな方の経験談を知る度、ここで美月さんと先生の実話を読む度に、ポジティブになったり、ネガティブになったり・・・
事実は事実として受け止めているんだけど、ガツンと誰かに苦言してほしい・・・
半分はそんな気持ちで相談したんです。
残りの半分は・・・ちょっとだけ未練でしょうかねー。
だって、楽しかったんですもん。

美月さんがおっしゃるように、もう二度と会うことのない人だから、
死んじゃったって思ってたほうが、よかったって思います。
生きてて、会えないのは、まさに切り捨てられた感がUPしますもんね。
だけど・・・よく考えたら、私が別れを切り出したんだし・・・
そのくせに、もがいてるバカな自分がいて恥ずかしいです。

私は別の人と、あんな関係を持とうと思っていないし、
Drだから、そうなったってこと。
既婚者でありながら、わくわくさせてもらったことに感謝して・・・
自然に風化していくのを持とうと思います。

誰かの意見を聞いてみたかった・・・
それが、美月さんでよかったって思ってます。

勝手な事、支離滅裂な話しちゃって、ごめんなさいね。
そして、真面目に答えてくださったこと、感謝です。

ありがとう(●^o^●)

2011-07-27 Wed 22:17 | URL | まあこ #.iL93ICM[ 内容変更]
Re: 遅くなりました
まあこさん、ごめんねm(__)m

私はホント奥歯に物を嵩めないタイプで、良いことも悪いことも思ったことそのまま口にしてしまう。
悪い癖だと思っています。

日常でも相談されることがあります。
でもね、殆どの場合、皆さんご自分で答えを持っているんですよね。

ただね、答えが自分の願い通りでないと、
事実を認めたくないと思ってしまうのは、当然のことだと思いますよ。

きっと誰かに話そうと思った時点から、悩みの半分は解消されつつあるのだと思いますが、
誰かに最後の一押し、そっと背中を押されたい時もありますよね。

実はね、相談する相手によって回答が違うのもわかっているような気がします。

私が答えれば・・・
「●●さんなら、そう言う思ったっ!」と言われることが多いからです(笑)
その時、欲しい答えを、自然と選択しているのかもしれないですね(*^_^*)

だからね、私に「ありがとう」はいらないんですよ。
自ら答えを見つけた、ご自分にそう言ってあげてくださいね(^_-)-☆
美月
2011-07-27 Wed 00:11 | URL | まあこさんへ←美月より #-[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-07-26 Tue 23:55 | | #[ 内容変更]
遅くなりました
こんばんは、美月さん、

私の話へのコメントを記事でお話下さって、ありがとうございます。
かつてのブログから、いえ、本当は、Yahoo掲示板で美波さんとしてお見かけしてから、追っていた私は、お二人の関係の奥深い部分をようやく知ることが出来ました。

決定的に違うことは、Drを追いすがって行くほどの想いが私にはないということ・・・
まずは、自分の保身を考えたのだと思います。
Drから返事がないのは、何かあったからだと課程した時、メールが毎日同じ時間に入るのはおかしい。。。とご家族が不審に思われるのではないか?
そうすると、Drに迷惑をかけることになる。。。そう思い、メールを送信するのをあきらめたのです。
そしてそれは、自分に火の粉が飛ぶことを避けたことにもなりますよね。
返事がなかったことは、すでにDrが私を捨てると決めておられたからだと想像できるのですが・・・
もし、そこで、私が追いすがれば、Drはもう一度振り向いてくれたか?否・・・そr
2011-07-26 Tue 23:12 | URL | まあこ #-[ 内容変更]
細部まで有り難うございます。

では、ご質問にお答えしますね。

離婚するしないはどちらでもいいんですよ。
先生との時間を優先する為には、今はこの状況がベストに近いと考えています。
先生が居る居ないに関わらず、自分の思うような生き方ができなくなれば、その都度、生活スタイルを変えていくと思います。
家族の経営する会社で働いています。
そこに深い愛社精神はありません。
きっと私が作った会社ではないからでしょうね(^^ゞ

自分で事業を起こせるようになるには、今の段階で不安な部分が見えますので、精神面、収入源として効率のよい仕事と考えると、好き勝手なことをやらせてもらいながらお金を貰っているのだから在り難いと思っています。
と書きながら、今、たった今、確かにそうだなぁ~と、妙に納得してしまいました(笑)


>そうでしたか。なんとなく美月さんらしいと思いました。
自分らしく生きている様に思えました。愛社精神は無いと言っても仕事の記事を読むと、イキイキしている様子が伺えます。(*^ー^*)




う~ん、お腹を痛めた子という意味なのでしょうが、私にはその感覚がよくわかりません。

子供達に与えられるメリット、デメリットを考えると、私個人だけの選択をしかねます。 我が子であっても生活の価値観に違いを感じるからです。
それぞれの子供たちが自分の足で歩けるようになれば、選択肢もまた変わってくるでしょうけどね。


>血の繋がりでは無いですね・・
>私も、子供には子供の人生が有ると思います。
>子供は、血を分けたとか言いますが・・・
>私の感覚では、自分のお腹に居たので肉が千切れた
>って感覚なんです。



心を縛り付けるなど、無力なまでの人間にできる訳がない。
もし?誰かに縛られていると感じるのなら、それは自分自身の問題かもしれませんね。


>そうですね。縛られているのは、個人の心の問題だと思い居ます。


主人の会社でありながら、主人を追い出してしまったこともありましたが…、
義母に発狂されて、確かにそれは筋違いだったなぁ~と少しだけ反省しています(^^ゞ


>少し笑えましたが、それなりの、事が有ったのでしょうね。


先生にとって好きだ嫌いだなど、くだらないことなんですよ。
、一緒に居たいと思えば、一緒にいるだけのことだと思っています。
今はお互いの状態を保つことに信頼感があります。
そう思えるのもお互いが今ある状況を綿密に判断し、常にベストな選択をする人であろうと思っているからです。

>切磋琢磨しているお二人では無いでしょうか?私は
>文字を通してしか知りませんがお二人は大好きです。



私のいう切なさは、どんなに好きな相手であっても、いつかは別れ(死)が二人を分かつということです。
、時間の話でもしましたが、肉体が傍にあるから満足とするものではないんですよ。

心はね、いつも傍になると思っています。
だからこそ、別れる時が一番苦しいと思うのです。
それは母から毎日のように教わっていたことでした。

>肉体は、生き物だから必ず無くなると思います。
>でも、培ってきた時間が優しい思い出になってくれると
>良いと思います。人間いつ死ぬか?なんて誰にも解りま>せん。死は、生きていれば必ず来るので・・・
>沢山お返事有り難うございます。
>それなりの、お返事書きたかったのですが・・・
>浮かばず。御礼だけ。




2011-07-25 Mon 19:19 | URL | key #KgDo1ClA[ 内容変更]
Re: こんばんは。
Kさん、コメントありがとう(*^^)v

では、ご質問にお答えしますね。

> 一点、美月さんにお聞きしたいのですが……なんで?
> 離婚しないのですか???

離婚するしないはどちらでもいいんですよ。
紙切れ一枚に重きを置いてる訳ではなく、かといって今の状況で言えば、私の自由を奪うものではないからです。
総合的に考えて、先生との時間を優先する為には、今はこの状況がベストに近いと考えています。

主人に対して嫌いも好きもありません。
お互いに自由に生きている関係が今の家族構成だからです。

先生が居る居ないに関わらず、自分の思うような生き方ができなくなれば、その都度、生活スタイルを変えていくと思います。

> 美月さんは働いて居ると思うので
> 子供さんの年は知りませんが……

私は今、家族の経営する会社で働いています。
収入以前に、私は人に使われることが苦手なのでこの仕事をしているだけです。

そこに深い愛社精神はありません。
きっと私が作った会社ではないからでしょうね(^^ゞ

自分で事業を起こせるようになるには、今の段階で不安な部分が見えますので、精神面、収入源として効率のよい仕事と考えると、好き勝手なことをやらせてもらいながらお金を貰っているのだから在り難いと思っています。
と書きながら、今、たった今、確かにそうだなぁ~と、妙に納得してしまいました(笑)

> 私は子供を全て引き取ります。
>だって…
> 肉を千切った子供達だしね…

う~ん、お腹を痛めた子という意味なのでしょうが、私にはその感覚がよくわかりません。
私は守りたい人を守るだけのことで、そこに深い血族的意識を持ったことがあまりないからだと思います。

まず離婚することによって、子供達に与えられるメリット、デメリットを考えると、私個人だけの選択をしかねます。 我が子であっても生活の価値観に違いを感じるからです。
それぞれの子供たちが自分の足で歩けるようになれば、選択肢もまた変わってくるでしょうけどね。

> 別れて、それで…
> 先生と一緒になったら?とバカな事は思わなくても……
> 私は
> 自由に生きるのなら
> 相手が居ようと居なくても…
> いえ…
> 居ないと捉え。
> 居ることを想定しても
> それでも…
> 信頼出来ないものは
> 淘汰すると思います。

時間的な制約は仕事にも日常にもあると思いますが、心は元々自由だと思っています。
私の心を縛るものなどありません。

まして心を縛り付けるなど、無力なまでの人間にできる訳がない。
もし?誰かに縛られていると感じるのなら、それは自分自身の問題かもしれませんね。

行動的なことで言えば、主人の会社でありながら、主人を追い出してしまったこともありましたが…、
義母に発狂されて、確かにそれは筋違いだったなぁ~と少しだけ反省しています(^^ゞ

だからね、私が主人を淘汰する必要も理由も今はないのです。
そんなことを考えることに時間を費やす方がもったいないと思っています。
まあね、今より時間の制約が厳しくなれば、また新たな策を考えるでしょうけどね。

> 井の中の蛙大海を知らず…
> 私は、そこまで解っていて…
> 何かしらの、望むことが有れば別枠で…
> 矛盾してる様に思いました…

私の基本スタンスは、自分の生き方は自分で決めることです。
先生も同じように全て自分で選択する人だと思っています。

ただしお互いに失敗することを嫌います。
自分が過去に選択したことで、後悔するほどの失敗経験がないからだと思いますが、
計画性、実行性における判断力で言えば、私は先生に勝る人に出逢ったことがありません。

それから…先生の生活スタイルに、私が立ち入るものは何一つありません。
こんなことを書いていること自体、先生に対して大変おこがましいのですが、先生の人生は先生だけのものですからね。

> 倫理も論理も何も無くても
> ただ好きなら
> 旦那さんと別れても
> 貫き通せるのでは?
> ある意味…

Kさんの言いたいことはよくわかります。
でもねそう考えると、元々私達は人の創った倫理や論理を持ち合わせていないのかもしれませんね。

先生にとって好きだ嫌いだなど、くだらないことなんですよ。
そんなことを問われることに虚しさを感じるでしょうし、一緒に居たいと思えば、一緒にいるだけのことだと思っています。

まあね、先生に一般恋愛論を当てはめようとしたら、パズルは一生完成しないでしょうね。
そこはかとなく不思議な人なのですが、私にはその未知数が先生の魅力の一つだと感じています(^_^;)

今はお互いの状態を保つことに信頼感があります。
そう思えるのもお互いが今ある状況を綿密に判断し、常にベストな選択をする人であろうと思っているからです。

私達は個々の時間の使い方をよく知らないのですが…
実は相手の現状を知ること自体に、深い重要性を持っていないのかもしれませんね。

私のいう切なさは、どんなに好きな相手であっても、いつかは別れ(死)が二人を分かつということです。
だったら、少しでも傍にいて(一般的には同棲など…)となるのでしょうが、時間の話でもしましたが、肉体が傍にあるから満足とするものではないんですよ。

そういう意味では、いつ終るか?わからない時間の中で、余計なことを考えている時間をもったいないと思うのかもしれません。

心はね、いつも傍になると思っています。
だからこそ、別れる時が一番苦しいと思うのです。
それは母から毎日のように教わっていたことでした。
美月
2011-07-24 Sun 16:49 | URL | Kさんへ←美月より #-[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-07-23 Sat 22:36 | | #[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
-
管理人の承認後に表示されます…
2011-09-12 Mon 07:45
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。