FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
目覚めて尚愛しくて…
昨夜の喜びが増殖してるみたい。

眠ってる間に快楽の記憶がまた深く刻まれたのかな…。

この記憶が習性となり、先生=快楽の使者となっているんだろうな…(^w^)

昨日は炉端焼きのアーチ型カウンター席に座って、人間観察を思う存分楽しんだ。

人の容姿から見る性質は、かなり本質に近いところまで察することができる。

これに会話、行動、仕草をプラスすると、会ったばかりの人でも相手の内面がよく見えてくる。

以前、先生がふざけて?、毎晩メールをしてるのは俺ではない別人だと言ったことがある(笑)

先生に最初に会った時、会社の前で待ち伏せして拉致した時ね…。

先生はちゃんと確かめもしないで、もし別人だったらどうするんだと言ったけど、幾人かの人を見送り先生が会社の玄関から出てきた瞬間、私はこの人が先生だとすぐにわかった。

この人がメール主だと、遠くからでもすぐにわかった。

仮想世界から現実世界に飛び出しても、絶対にガッカリしないと思ってた。

そう思えるようになったからこそ会いたさが募ったのだと思う。

まったくその通りだったけど、唯一違ったのは、実は私は生まれて初めて、その人の持つ容姿に惚れ込んでしまってる。

五感で愛を求めれば、自然と肌は重なりあい、お互いの肉体の全てを差し出せるんだね。

小さかった蕾(肉棒)を口に含み舌で転がせば、茎はドくドくと血を巡らせ固く伸び、やがて大輪の花ひとつ誇らしげにゆったりと頭を持ち上げる。

唇から弾け出た肉棒は、露に纏われ艶めいて、なんとも美しく逞しい。

私は初めて男花を咲かせる喜びを知ったし、今はこの花の手入れに生き甲斐さえ感じてる。

愛にプラトニック(精神的)を求めるのは当然のことながら、我が命一つとって考えてみれば、愛欲の産物に過ぎないんだよね。

だから愛と性を切り離して男と女の物語は書けないのだろうと思う。

もちろん人間的繋がりを重視する人を否定するつもりもない。

ただどちらも経験した上で、より良い選択をするのも悪いことではないと思う。

経験には想像を超えた未知数が隠されているのだからね。

性の冒険家より(^_^)v

別窓 |  淫らさの中の貞操 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<あなたが教えてくれたこと | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 満たされて…>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。