FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
小さな旅
先生と旅するのは楽しい。

遠い旅の思い出も追々書いて行こうと思うけれど(不思議なところばかりですが…)、小さなぶらり旅は、ちい散歩より奥深い場所が沢山あった。

メディアに紹介される前に、二人の目に付いた場所がしばらく経ってから本やテレビで紹介されたり…。

出かける先に余計な情報は一切持たず、思い立った駅に降りて街を散策する。

地元の人しか立ち寄らない商店街や裏道にある料理店で食事をすると、その街の色彩や人柄がよくわかるから面白いんだよね。

時には一般的にいえば失敗と呼ばれる旅の選択があったかもしれない。

だけどね…普段些細なことで喧嘩する私達であっても(笑)、旅先のハプニングは刺激として楽しんでしまう。

ディープな街になるほど、テニスのダブルス以上の連帯感を発揮するしね。

ちなみに私達って、人から観るとかなり不釣り合いなカップルに見えるらしいけど、互いに違いがあるからどこにでも溶け込める要素を持ってると思う。

先生曰わく、真面目なサラリーマンが性悪女に騙されてる風に見られてると言うけれど、確かにシットリとした熟年カップルには見えないだろうね。

だからこそ踏み込める街もあるんだよ(笑)

でもね、その街に生活する人々が住んでいる限り、どの街にも失敗策などないと思ってる。

よく雑誌などで見かけるけど、人の住んでる街にランクを付けるなど本来あってはならないことで、それは他者が別視点から見た評価だけに過ぎず、本当の価値はその場所に住んでいる人が決めるべきだと思う。

吉原の街を散策中、古くからやっている小鳥屋さんを見つけた時は、ちょっぴりセンチメンタルな気持ちになった。

小鳥と話してる物悲しい遊女の姿が浮かんできて、同じ女として生まれながら籠の中で生きなければならない現実とはどれほど儚いものだろうと思ったら泣けてきた。

けれど、たとえ寂れた街であっても、決して消えることのない生きた足跡が沢山残っているんだよね。

先生と有名なところへは殆ど行ったことがないけれど、誰も教えてくれない場所の中に隠された宝物を見つけた時の感動は今も心に色濃く残ってる。

一人旅は自由さがあっていいよね。

だけどね…私は先生と出会って「旅は道連れ」という新たな旅の面白さを知ることができた。

二人でも自由な旅、私はほんの束の間の小さな旅が大好きになりました。
美月

別窓 |  今ある心のままに… | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<いい湯だなっ(^_^)v | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 暑さ厳しく>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
テニスは、試合に対する正しい知識があり、最も正しい方法を選ぶことができれば、当然勝つことができるものです。最高のテクニックがなくても十分に戦えるその方法とは? …
2011-08-13 Sat 21:23 テニス知恵袋
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。