FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
愛の巡礼(聖と俗にまみれて…)
この世の中には、まだまだ見えない世界が存在しているのかもしれないね。

私一人では決して見ることができなかったものが、先生と過ごすうちに見えるようになってきた。
昔から好奇心は旺盛だったけれど、視界は今よりもうんと狭かったような気がする。

昨夜二組のカップルについて書いた。
どちらのカップルに対しても、理解できないと考える人が大半だろうけれど…。

それでいいんだと思うんだよね、今に満足があればね。
でも少しでもその満足に疑いを感じる人がいるなら、私が描いた空想にお付き合い願いたいな…美月o(^-^)o

愛の巡礼(聖と俗にまみれて…)

ある森に年老いた男女が辿り着いた。

二人は森の番人に挨拶をすると、森の中で仕事をすることを許された。

けれど二人に売るものはなく、売れるものは貧しい女体しかなかった。

森には番人の子分がいて、この森に初めてたどり着いた旅人にあった商売の仕方や客の斡旋をしてくれる。

金を得たものは駄賃を支払い、金の無いものは免除が許された。

それを不平等と呼ぶことのないこの森を、森を囲む街の人々は『異界』と呼んで恐れた。

子分の力によって、女に客が付いた。

待ちに待った客でありながら、いざとなると男は戸惑いを隠せなかった。

女は男と生きる為ならどんな覚悟も厭わなかった。

もちろん男も同じ気持ちだった。

けれど男は女が間男に傷つけられてしまうのが心配で、客と戯れる女の傍を離れることができず、その場に留まり身を固くし耐え続けた。

番人の子分は女を心配する男に寄り沿い、客が引けるまで男の傍を離れなかった。

仕事が終わると、男と女は森の番人に御礼をいいに行った。

「長旅で疲れただろう、今夜はゆっくり休め…」

番人は男に言うと、森を囲むネオンの中にも、森の住人が体を休める宿があることを教えてくれた。

お腹も空いていた。旅の疲れが老いた体に堪える。

二人は街に出ようと、重い足を引きずるように歩きだす。

けれど街に出る前に男にはどうしてもやらなくてはならないことがあった。

男は女をベンチに座らせると、誰に遠慮することなく女の唇を奪った。
男は女を取り戻す為、女は男の元に帰る為に、強く抱き合い長い長い口付けを交わした。

あまりに不器用な二人は、愛することと生きることを区別して考えることができなかった。

二人の選んだ道が人間社会からかけ離れた世界であっても、二人はお互いさえいてくれたらそれで良いと思っていた。

そして明日がどんなに暗い日であろうと、愛しい人の存在があれば幸福であると信じた。

やがて、どちらかが死ねばどちらも生き残ることができない運命共同体となった男と女。

「お前たちが薄汚れたカラスの化身だったとしても、愛することの尊さを知ったものは、この異界からも天に昇ることができるのだ」と森の番人から告げられた。

二人は顔を見合わせ微笑んだ。

「今ここに…二人のいる場所が天国なのです」

男が森の番人にそう告げると、二人の影はひとつとなり、やがて神々しい光となって空高く舞い上がった。

森の住人にも、森を囲む街の人々にも金と銀に輝く星が夜空を流れていく姿が見える。

この世の聖と俗に生きる人々の全てが手を合わせ、流れ星に向かって願いを込めた。

どうか幸せになれますようにと…。

終わり

PS・・・時計が12時を過ぎ、49年前、先生と私がこの世に産まれた日となりました。

先生と私・・・
同じ年の同じ日に生まれた私達ですが、同日に生まれた偶然を奇跡と呼ぶよりも、先生と出会えたことに奇跡を感じます。

確立的に言えば奇跡に近い数字でありながら、それでも先生が生まれてこなければ、私は先生に出会うことができなかったと思うと、先生の生まれた日が愛おしいのです。

生きてきた幾通りの選択肢の中で、少しでも時間の掛け違えがあれば出会うことができなかったでしょうね。
きっと先生に出会えなければ、これほどの熱情を持って人を愛することができるなど知らずに死んでいったのだろうと思います。

幾千人もの人との出逢いの中で、唯一巡り合いに感謝できた人は先生ただ一人です。
だからね、どうしても離れたくないと思ってしまう。

昨夜記事に書いた浮浪者らしき老カップルですが、二人はどんなことがあっても一緒にいたいのだと感じました。
それ以外、何も望むものがないのです。
私はこれほどでお互いの存在に執着しあう男女に出会ったことがありません。

私たちの誕生花は菩提樹、花言葉は夫婦愛です。
菩提樹の昔話に夫婦愛の話があります。


見知らぬ旅人に宿と食事を与えた老夫婦がいました。
旅人は神様でした。
神様はお礼に何か望みはあるか?と問いました。

二人は言いました。

「私達は長いこと一緒に暮らしてきました。子供もなく二人で一緒に年をとりました」

「だからこのままずっと一緒に居られたらよいと思うのですが、人間は必ず死にます」

「それは仕方の無いことと思ってはいるのですが、どちらが先に死んで一人が残れば、その寂しさ苦しさを分け合うことができません…そう思うと悲しいのです」

生きる時も死ぬ時も一緒でありたいと願う老夫婦の思いを知り、神様は二人の悲しみは必ず救われると言って去っていきました。

最期の時が来ました。
おじいさんは樫の木に、おばあさんは菩提樹の木になりました。
樫の木と菩提樹は仲良く寄り添い、枝を絡めあいながら、今もひっそりと立っています。


私はこのお話が子供の頃から大好きです。
願わくば、父と母も神様と出逢い、樫木と菩提樹にしてあげてもらいたかった。
そして私も…永遠に先生の傍にいたいと思っています。

PS… 先生、お誕生日おめでとう(*^_^*)
また新たな一年の始まりとなりましたね。
この年も沢山のことに触れ、数多くの感動を味わいましょうね。
それとね・・・
もうお互いによい年なのだから、ストリートファイト張りの喧嘩は控えるようにしたいものですね。
美月

にほんブログ村 人生最後の恋  FC2 大人の恋愛
人気ブログランキング 不倫愛
別窓 |  今ある心のままに… | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
<<お祝いメッセージありがとうございました(^^)v | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | ダブル不倫カップルさんとお会いして…>>
この記事のコメント
美月さんへ
美月さん&先生
お誕生日おめでとうございます。
同じ誕生日なんですね。
なんとも素敵です。

「あなたと出会えたことが幸せです」
と思えることができるカップルってどれくらい
いるんでしょね♬
2011-08-23 Tue 21:25 | URL | さつき #57cQzzjc[ 内容変更]
まだ、人を深く愛するって感情がわからないですが
(マンガやドラマのイメージしかないです)
なんだか、この2人のカップルのお話にじーんと来ました。
どんなことがあって、2人一緒が幸せって素敵ですね。
2011-08-23 Tue 20:24 | URL | 美鈴 #-[ 内容変更]
佳き日に
お二人のお誕生日を
遠くからお祝い申し上げます

美月さんのブログが好きで、色々と考えさせられたり
共感したりです。
私はお二人と同じ年齢で、私の先生は50代後半。
美月さんと一緒で、恋する気持ちに年齢は全く関係ないのだと実感する毎日です。恐らく10代20代よりも先が見えてきた分、純粋な気持ちをはばかることなく出せるのでしょうか。
これからも、とても素敵なお二人を、遠くから応援しています。
今日は久しぶりに先生のコメントがあり、嬉しかったです。
2011-08-23 Tue 10:12 | URL | 萌芽 #NxLgC3fg[ 内容変更]
えへへ、49歳の先生、こんばんわ(*^^)v
それにしても先生と私が似ているなんて…、私は先生ほど気難しくないし、それにね、偏屈者でもないですよ。
まあ浪費家と淫乱者同士というのはあっていると思うけど(笑)

自己破産するなどと恐ろしい事を書かれてしまったけれど、何もかも失ったとしても、また欲しい物が見つかれば取りにいけばいいじゃないですかね。
それに今は見れない新世界が見えてくるかもしれないし、そう思うのも人生の醍醐味だと思います。

いざとなったら性の托鉢しながら、全国巡礼の旅に出るのも楽しいかもしれないでしょ!?
私は先生が一緒であれば、人生が楽しくない訳ないと思っています。
まあね、こんなことを書くから非現実的カップルとなってしまうのだろうけれど…(^^ゞ

それから・・・先日のおでん屋さんでの話ですが、奇跡的数字を持ってして出会った私に対して、「奇跡の出逢いがお前とは・・・」と人前で本気で嘆くのは止めてくださいね(笑)

まるで私が悪魔みたいでしょ!?
それなら私は鬼がいい・・・鬼はね、人間にとって必要悪だからね。
美月

あっ!そうそう、やっぱり先生が獅子座ねっ!で・・・私が乙女座。
七年間内緒にしてきましたが、正義と天文の女神アストライアーが私の真の姿です\(^o^)/
2011-08-23 Tue 01:50 | URL | 先生へ←美月より #-[ 内容変更]
相性って何でしょうか?
おそらく大半の方は、補完的、つまりプラスとマイナスが引きあうなどと考えるでしょうね。
つまりお互いに違う資質を持つ者が逢うと、相性がいいと思うのではないでしょうか。
でも恋愛に関しては違うのです。
淫乱な気質と淡白な気質が出逢っても、そんなカップルはセックスレス⇒浮気という道程を歩くことになります。
浪費家と節約家、これも家庭という枠組みでは成り立つかもしれませんが、決して最新家電を楽しみたいという浪費家の感情を、節約家は心から楽しむことができないのです。
つまり性格が対称的ならば、家庭・恋人という構造は保てても、感情・精神レベルでは反作用が働いて同一化できないわけです。
さて我々は、似た者同士なのです。
つまり浪費家と浪費家、淫乱と淫乱なのです。
だから一緒に家庭を営んでいたとすれば、すぐに崩壊すると思います。借金で自己破産するか、淫乱の末に家庭など顧みないでしょう。
ところが不倫という、生活にも縛られない自由な精神と肉欲世界で出逢ったことで、同じベクトルを共有して快楽増幅できることになったのだと思います。
似ているのです。
誕生日も一緒ですし、人外境の世界が好きですし、きっと二人は感性も同じなのだと思います。それが不倫という世界だからこそ、お互いにいつまでも心地よくいられるのでしょう。
あ、ちょっと深く書き過ぎました。
きっといつまでも一緒にいると思います。
今後も非現実なカップルを応援して下さい。
2011-08-23 Tue 00:41 | URL | 先生 #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。