FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
逢瀬と落語と金の玉
昨日は先生に会いに行きました。

待ち合わせの時間より早く逢える気がして、早めに仕事を切り上げ出かけるつもりだったのに、突然のゲリラ豪雨に襲われてしまい身動きが取れず、結局15分しか短縮出来なかった。
こんな時、とっても悔しいと思う(-_-;)

それにしても最近のゲリラ豪雨、10秒で全身ずぶ濡れになるのだから防ぎようがないけれど、自然の偉大さに無力かと言えばそれほどでもなく、微力ではあるけれど事が生じることによって新たな知恵は生まれるものだよね。

今世の中に溢れる生活グッズも、大半は『困った』から生まれたのだと思ったら、物作り人びとの知恵の輪によって日常生活ができてるんだね。

昨日は、もちろん楽しい時間を先生と過ごした。
割烹料理店で美味しいとうもろこしが食べられたし、先生の好きなだだ茶豆もお代わりできたし、上手い酒と旬のつまみ、そして私の隣には先生・・・こんな素敵な組み合わせは他にないよ(^^♪

でも一番のメインディッシュは、お待ちかね、先生の肉棒です(^_-)-☆

浮かれながらも千鳥足(いえいえ獲物を狙ったチーターのごとく快足ですが…)ラブホテルに着きTVを付けると、志の輔が古典落語『牡丹灯籠』を現代風にアレンジして演じていた。

えへへ!これ私の願望そのままの性ある作品だからね、昔から大好きな作品だった。
でも観てみると、私の知っていた「牡丹灯籠」は、長編物語のほんの一部分に過ぎなかったことを知って驚いた。

番組は登場人物の多さから、大きなパネルを使って十数名の家計図を紹介しながら話は進行していく。
でもそれぞれの登場人物の因果関係がラストの面白さに繋がるんだから、途中で迷子になれば絶対に落ちない恐ろしい作品だよねぇ~(^^ゞ
だから怪談話というのかもしれないね!?

それを初代三遊亭圓朝が頭の中で作ったと思ったら、背筋が寒くなるほど感動してしまった。

落語に詳しい先生は知っていたみたいだけど、先生の凄さはここからだった。
先生は何か一つとっても独自の思考世界を持っていて、このお話から10話創作できるとあっさりと言う。

まあ確かに先生は頭の良い人なんだけど、それが少々キチガイ的だから始末に追えない。
先生の頭の中を探ろうとすると、理解不能になることがあるから、なるべく触れないようにしてるんだけどね。

でもね、触れないと怒るし、曖昧に触れれば、尚、怒る。

私ね・・・先生ってホントに友達いないだろうなぁ~と、昨日改めて思った(笑)
あっ!実際にも居ませんよっ、ですが…なぜか?人気者です←ここ不思議(^^)v

でもベットの上で先生を素晴らしい人と認めてしまうと、七年間も我侭放題してきた私に立つ手がない。
だけど先生には大変お世話になっているんだなぁ~。
ぽぉわ~んと心と子宮が仲良く語ってるのをそっと聞いた時、私のことながら嬉しくなった。
 
と書くと、「まったくお前の頭の中はっ!!!」と先生は眉毛を▲▲にして怒るんだけどねっ(^_^;)

でもそんなお小言も耳に入らないほど、またまた恋に浸水してしまい、さすがに打たれ強い私でも、先生の魅力にヘニョヘニョですっ(^^♪

でね、気分よく浮かれると何か創りたくなる・・・。
と、まあいつもの変な癖ですが、お話を一つ作ってみました。

金玉(かなだま)
※べらんめぇ~口調で滑らかにお読みくださいm(__)m

ひぃやぁ~、世の中ってのは不思議なもので、思いも寄らないところに輝く玉が落ちてるもんだねぇ~。
かぐや姫ならいざ知らず、玉となるとねぇ・・・。

ええ、そりゃあ、キラッと光ってるだから、少々とぼけた私だって見つけましたよ。
でね、あんまりにも綺麗なんで、見つけた瞬間、こっそり懐に収めた。

だけどね、この玉がなんとも不思議な玉でねぇ~、日に寄って色が変わる。

赤く光る日もあれば、青い日もある。

誰かに自慢したくて気の利いた仲間に見せたりしたんだけど、どうもこの玉、相手が気に入らないとまるで光らない。

人によっちゃあ~眩しすぎて目が焼かれてしまうことがあって、滅多なことでは表にも出せない。

ほんと、気難しい玉でねぇ~。。。

かといって、そこら辺に置いていくったって、人殺しでもさえちゃあ~と、おっかなくて仕方ない。

でねぇ~、何かよい方法はないか?と近所の弁天様に尋ねたら、「大切なものは決して肌身から離ぬように・・・」と告げられたもんだから、早速、その晩から抱いて寝ましたよ。

そしたらね、この玉、夜になるとスぅーと下りてきて、こっそり股の間に潜ると姿を消してしまう。

はあ~、自分の意思で動けると知ったときは驚いたねぇ~。

最初は玉がどこへ消えちまったのかと、布団の隅から隅まで探したんだけど、どうも腹の中に納まっているみたいでごにょごにょと動き出す。
でねぇ。。。ここに居るなら安心だと気を許すと、今度は勢いよく暴れるし…。

まったく手に負えない玉なんだけど、それでも暫く辛抱してると、腹の中が妙に膨らんできてあったかくなってね、それがなんとも気持ちいい…。

この玉もあたしの腹ん中を気に入ってくれるみたいで、満足とばかり金色に輝くもんだから、こうならゃ~なんとでもなれっ!と好き勝手にさせてるんだよ。

あっ!余計な心配は要らないよ。

あたしはこうして元気だからね、それに近頃ますます調子がいい。

まあ昔からいうじゃないか・・・金の玉を手にした女は幸福になるってね。

えっ”そんな噺、聞いたことないかい?

それじゃあ~、あたしの聞き違いかなぁ・・・。

昔、金玉(かなだま)っていう妖怪がいてね、金玉(金精)が訪れた家は栄えると、近所の色呆けばばあ達から教わったんだけどね。

その金玉がどんな姿をしているか、そこまでは誰もが滅相がって口にしやしないから聞いたこともなかったけど、でも、どちらにしたって女が幸福になるには金が必要だろっm(__)m

PS…まあね、やっぱり即興というのは、天才だけが使える技法だよね。

でもね、このお話のように私の先生は、それはそれは立派な金玉をお持ちですよぉ(笑)
まあ貴重なお宝を手にしたんだから、私は幸せもんです(^^)v

えっ・・・どっちの玉だって???
そんな野暮なこと聞かないのが、大人の嗜みというものでしょっ(^_-)-☆
美月

最後まで読んでくれてありがとうm(__)m
にほんブログ村 人生最後の恋  FC2 大人の恋愛
人気ブログランキング 不倫愛

別窓 |  愛しい時間 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<甘酒作りに挑戦中 | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 逢瀬の基準>>
この記事のコメント
Re: 恐れ入谷の・・・
萌芽さん、コメントありがとう(^_-)-☆

> べらんめぇ~口調は上手くいかなかったのですが…

えへへ!では今度は動画で、私が朗読しなくちゃいけませんね(^_-)-☆

あっ・・・私が人気者かって???
実はね、私、子供の頃から人気者なんですよ(笑)

独りぼっちがいいと言っているのに、独りになれない・・・。
わかりやすく言えば、上野動物園のパンダのような存在なのだと思います(^^)v

パンダって、ガラス越しから観ている分には、可愛らしくていいでしょう!
でもね、実は獰猛な生き物だから、直接は触ってもらえない。

遠くからは褒めてもらえるけれど、自宅で飼おうとは思わないと思います(^_^;)
と、こんな私ですよ(^^)v
2011-08-30 Tue 01:24 | URL | 萌芽さんへ←美月より #-[ 内容変更]
恐れ入谷の・・・
べらんめぇ~口調は上手くいかなかったのですが
朝から楽しいお噺に
今日も一日笑顔で仕事ができそうです。
それにしても、美月さんはいつも先生を引き合いにご自分のことを謙遜されるけど、突拍子もない羨ましい行動力や、ユーモア溢れる思考回路を持つ素敵な女性ですね。先生がそうであるように、きっと美月さんも人気者だと思います。きっとそんな事は断じてありませんと返すでしょうけれど・・・
いや、違うかな。「そうなんですよ!」ときっぱりくるかな?
2011-08-29 Mon 09:03 | URL | 萌芽 #NxLgC3fg[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。