FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
逢いに行きます
これから先生に逢いに行きます。

車窓から眺める景色は、柔らかい夕陽に染められオレンジ色に輝いています。

先生も会社を出る頃かな…。

きっと週末で疲れも溜まっているだろうな…。

それでも自宅とは反対方向の電車に乗って逢いに来てくれる。

たまには面倒に思うことがあってもいいよね。

仕事が遅くなりそうだから、今日は無理だと言ってもわからないのにね。

でも先生は言わない。

だから私も、今週は疲れたでしょっ、今日は早く帰ってゆっくり休んで…とは言わない。

お互い捻くれ者だけど、意地悪同士じゃないよ。

ただちょこっと社交辞令が嫌いなだけで、心の中ではいつも先生のことを心配してる。

先生がいるから、私は今が好きなのだからね。

うん、今日は労りの心を持って先生に逢いに行こうっとo(^-^)o
美月

別窓 |  ひとりごと | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<感動は買うものではなく見つけるもの | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 読むに読めない恋物語>>
この記事のコメント
私が常々思うのは、恋愛には3つのステージがあることです。
最初は、中学や高校時代に見られる形式的恋愛です。
これは自分の価値観が未熟なため、外見や学力など、相手のプロフィールへの憧れから発生します。
次は結婚における生物的恋愛です。
これは子孫を残すため、安定した家庭を営める相手を捜すことが第一となります。よってこの場合はあくまで子供の育成が重要であり、恋愛とはほど遠い男と女の関係が継続しがちです。
最後は、自由恋愛です。
人生の半ばを折り返して、社会的な責任も果たした後、ともに残りの生を楽しむために恋愛に落ちるのです。
老いらくの恋とでもいいましょうか・・・
自分の人生を豊かにできるパートナーと時間を共有することです。むろんそれが結婚した相手でも構いません。しかしそれが一致しない場合も多々あります。後半生の人生を我慢して生きる必要などありません。
結婚は二度すべきである。
これが私の持論です。
子育てが終わった後、強制離婚制度を設けて、人はもう一度自由になるべきなのです。
2011-09-18 Sun 01:51 | URL | 先生 #-[ 内容変更]
Re: はじめまして^^
ゆいさん、コメントありがとうございます(^_-)-☆

> さきほど、拍手のウインドゥからコメントを入れようと思ったら、
> 文章の途中で投稿になってしまいました。
> ドン臭くて、ごめんなさい。

えへへ!その程度の失敗は、かわいいものじゃないですか(笑)
私なんて、誤ってブログを削除してしまったことがあります(^^ゞ

> 美月さんのブログ、時折拝見させていただいてます。
> いつも、直球の美月さんの文章が好きです。

まあ、直球といえば直球ですが…、
ある意味、ブログを読んでくださる方々の心情を察することなく、
思いのままを書いてしまっているかもしれませんね。

> 道ならぬ恋をしながら、やっぱり許されない恋なのよ、
> と右往左往する女性が多い中で、
> 美月さんの文章には、潔さを感じます。
> 生き方までは伺い知ることはできませんが、
> たぶん、自分と共感できる部分が多いのではと思っています。^^

・・・う~ん、確かにそうかもしれませんね(^_^;)

一般的に言えば、許されない恋なのかもしれませんね。

でもそれだけの理由で先生を忘れることはできませんし、
まして、別れを決断するほどの理由にはならないんですよね。

私は先生が居ない人生が、どれほど貧しく悲しいものなのか?わかっています。
多分、不倫恋愛を通じて感情が右往左往してしまう人は、戻る道があるのかもしれませんね。

恋の重さを計る天秤を持っていれば、きっと比べるでしょうね。
それが倫理であるかもしれないし、一般的幸福論かもしれない。

でも私は天秤を持たず、先生に惹かれ恋してしまいました。
だから、好きになったら命がけです(^^♪

また、それくらい思える人と出会えなければ、
大人になってからの恋を経験するはできなかっただろうと思っています。

> 私にも愛する先生がいます。
> 日々、先生の健康を願わずにはいられません。

ゆいさんにも先生がいらっしゃるのですか(^_-)-☆

愛する人のことを気にかけるのは、今ある時間が大切だということなのでしょうね。

だって人間だから必ず老いていくし、たまには病気になることもあるし…。

それでも他人様のことなら、それも仕方のないことだと慰めの言葉さえかけられるのに、、
先生のこととなると、それはダメ!!!と言い切ってしまう。

えこひいき大賛成!とばかり、誰に非難されようと先生第一主義となってしまう。
えへへ!ホント、恋する女ほど我侭なものはないと思っています(^^ゞ

> 美月さん、これからも素敵な感動をよろしくお願いします。

はい、ゆいさん…ありがとう。
お互いに大切な先生を慕いながら、これから迎える50代も素敵な時間にしていきましょうね。
美月(^^)v
2011-09-17 Sat 21:52 | URL | ゆいさんへ←美月より #-[ 内容変更]
はじめまして^^
さきほど、拍手のウインドゥからコメントを入れようと思ったら、
文章の途中で投稿になってしまいました。
ドン臭くて、ごめんなさい。

美月さんのブログ、時折拝見させていただいてます。
いつも、直球の美月さんの文章が好きです。

道ならぬ恋をしながら、やっぱり許されない恋なのよ、
と右往左往する女性が多い中で、
美月さんの文章には、潔さを感じます。
生き方までは伺い知ることはできませんが、
たぶん、自分と共感できる部分が多いのではと思っています。^^

私にも愛する先生がいます。
日々、先生の健康を願わずにはいられません。

美月さん、これからも素敵な感動をよろしくお願いします。

                         ゆい 49歳 ^^
2011-09-17 Sat 18:01 | URL | ゆい #HfMzn2gY[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。