FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
感動は買うものではなく見つけるもの
昨日は、前日お伝えしたとおり、先生に逢いに行きました。

でも少し予告と違うのは、労りの心を持って先生に逢いに行こうと思ったのに、改札から出てくる先生の顔を観たら、すっかりと浮かれてしまい、せっかく芽生えた労わりの心を駅に置いてきてしまったことです(^^ゞ

まあね、嬉しいとテンション上がってしまうのは、今始まったことではないので仕方ないですよねっ(^^)v

昨日は炉端焼き屋さんで夕食を取りました。
焼き場担当がいつもいる人とは代わっていて、板場の各所を随時確認する雰囲気から観て、今日入った新しい板さんのようでした。

炉端焼きにしてもそうですが、私は料理を作っている人顔が見えるお店が好きです。

こんな私も毎日主婦でもあるからこそ、人様に食事を作ってもらえることが嬉しくて、料理を作ってくれている人が食べてくれる人の顔を見ながら、お互いが喜びを感じられるようなお店が好きです。

新しい板さんですが、年は30代でも新入りさんのようで、古くから店にいる若い子達にもとても丁寧に気を使っていました。
お客様に料理をお出しする時は、たとえ相手の方と目が合っていなくても、笑顔で料理をお渡しする。

店が混んでくると、体のリズムがワルツからエイトビートへとテンポは自然に移り、迅速な動きを見せてくれます。
そうでありながら細かい作業はあくまでも慎重であり、そして何より働くことを喜びと感じているようでした。

もしかしたら?この店に来る前は、少しの間、失業中だったのかもしれませんね。
まるで水を得た魚のように、狭い料理場の間を気持ちよさそうに泳いぐ彼の姿に感動し、先生と私はこの人を観ているだけで食事が10倍楽しくなりました。

まるでサーカスを見に行った時ほどの感動があり、私達は彼の仕事ぶりに釘付けでした。

お金なんて出さなくたって胸の奥がジンと熱くなる瞬間は、日常生活の何気ない時間の中にも沢山あるのだと、改めて深く感じさせてくれる出逢いでした。

でも同じ職場で働く誰もが、彼の仕事ぶりに気に止めることはありません。
一緒に働く若い女の子も、彼のことをまったく観ていません。
ホール担当のややイケメン男子には優しい顔で話すのに、板さんには少々うざそうな顔でそっぽを向いて話します。

確かに板さんはサッカーの岡田監督とネズミ男を小奇麗にして足して二で割ったような容姿であり、特別光るオーラを持っている人ではありません。

きっと私達も彼を板場で見つければ、朝のラッシュ時に百人同じ顔の彼に出会ったとしても覚えていないくらい平凡過ぎるほどの男性だと思います。

あまりにもわかりやすい表現だと書いていて思いましたが、彼が私のブログを読んでいないと思いつつ、念のため、本当にごめんなさいm(__)m

でもね、懸命に働く男の人の姿って美しいですよね。
一般女性の美の殆どはまやかしであり、本質の美しさが内面から薫る人は少ないでしょ。

女が男の容姿(外見)や肩書きばかり気にするようになるから、駄目な男が増えてきちゃう。
でも本当に魅力的な男性ってね、内面から滲み出る人柄だったり、一生懸命働く姿にあると思います。

ちなみに私は火星のような男性に興味はなく(火星ってね、地球と誕生肯定が似ているけれど中身が軽いんですよ)、やっぱり月が唯一の存在だから、地球を守る引力を持つ月のような男性が好きです。

これがまた見つけるのが大変でねっ(笑)、先生と出会えるまでに42年もかかってしまいました。
でも生きているうちで良かった(^^)v

肩書きや容姿、それに加えて星座、血液型診断など個人データをコンピューターにかけて割り出せば、多少は求める人物に出会える確立は上がるかもしれませんが、決してその人の本質に触れるものではないでしょ!?

偶然の出逢いで先生と出会えたことってね、偶然の産物なのですが、この偶然の産物は地球誕生と同じ位、実は貴重なんですよね。

えへへ!話が大袈裟だと思うでしょ(笑)

でもこの程度の独善トークでは、まだまだ抑え気味です。
と・・・思えるくらい、好きな人に向かって「大好き」とまっすぐ言えますか?ということなんですけどねっ(^^)v

あの板さんには、幸せになってもらいたいなぁ~。
昔、近所によく居たお見合いババアになりたいくらいです。
サクラ無しの真面目な大人の出逢い系サイトでもやろうかなぁ~と思っちゃいます(^_-)-☆

やっぱりね、一生懸命生きている人には、「しあわせ」という言葉を沢山使ってもらいたいからね。
でもそう思えるのも、私が先生と一緒に居て幸福だと思えるからだと、帰りの電車の中で思いました。

もし私が不幸の淵に立っていれば、彼の働くことに喜びを感じる姿を見つけられたか?と思うからです。

心の貧しさ豊かさによって目に映る景色が違うことは知っているけれど、でも独りで感動体験すること以上に、先生と同じ物が見える喜びが、彼に出会えた感動をより大きなものに感じさせてくれたのかもしれません。
美月

PS…あっ!私ってなんでも先生に引っ掛けるでしょ!?
ブログだからではなく、先生の前でも堂々と先生自慢をする大馬鹿者です。

(俺のこと俺に言われても…、それって俺だろうっ???)と先生はいつも不思議に思うみたいだけどね。

先生にも悪い癖だとよく言われますが、そんなの私の勝手だからいいじゃん!思っています(笑)

もちろん物の本質を知ることが大切だということはわかっていますが、でもただ知ってるだけというのも面白くないでしょ?
知恵も経験も、自分の人生に活用してこそ感動が輝くというものですよね(^^ゞ

とこの文章を読んだ先生は、きっとあんぐりと口を開けて、悪夢から解消されるべくブログをすぐさま閉じようとすると思いますが…、でもこの程度のことで先生が私を頭のおかしい人だとは思いません。
なぜなら、先生曰く、普段の私はもっと気が違った可哀想な人に思われているらしいのです(^_-)-☆

以前先生に連れて行ってもらった、先生の懐かしい思い出が沢山詰まったスポットです。

大好きな赤い電車

静かに缶チュウハイを飲みながら、この先訪れるだろう感動の時を待っています。

大好きな赤い電車2

きゃあ~、ついに感動の時がやって来ました。
一生懸命に手を振る私の姿を見つけてくれた運転手さんが、ニコニコしながら手を振ってくれました。

大好きな赤い電車と意思の疎通が図れたことが嬉しくて、すぐ後ろにいる先生に鼻息荒く報告したら、先生はね、「はいはい、見ていました!!!」とちゃんと一緒に見てくれていました(^_-)-☆

こういう時の先生ってね、超~やさしいっ!!!

でもね、面白いものがその先にありそうな道を歩いていても、なぜか?私に気が付かれないうちにルートを変更してしまう意地悪なところもあります(^_^;)

その後、線路近くにたむろする近所の不良少年達に、私と一緒にいることを哀れまれた先生は、あまりの屈辱に耐え切れず、私の手を引いてどこまでもどこまでも長い坂を歯を食い縛って上っていきました(^^♪

最後まで読んでくれてありがとう
にほんブログ村 人生最後の恋  FC2 大人の恋愛
人気ブログランキング 不倫愛

別窓 |  今ある心のままに… | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<台風が過ぎて… | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 逢いに行きます>>
この記事のコメント
ゆうさん、いつもコメントありがとう(*^^)v

確かに無邪気と観ていただければ、無邪気なのですが…(笑)
それにね 周りがなんと見ようと私にはあまり関係のない世界なので、自由に振舞うとなると確かに子供なのかもしれませんよね(^^♪

私はありがたいことに、人を妬むことの少ない生き方をしてこれたと思います。
もちろん羨むことはありますよ(^^ゞ

でもね、なんでも自分で築かないと、欲しい物は何一つ手に入らないと教えられて育ったので、妬むこと=自分の能力の無さを認めなくちゃいけないような気がして…(^_^;)

たまにはね、泣き言をいいたい時もあるし甘えたい時もあるけれど、自分の弱さを認めるのが何より怖い弱虫だから、脆さを強さに変換して立ち向かってしまう。

以前、別のブログで書きましたが、戦闘の神、阿修羅が私です(笑)
戦いに敗れたことはありませんが、勝って嬉しいと思うことも少なくなりました。

だからね、かなり我侭な考え方だと思いますが、何も言わなくても私のことをわかってもらえる人の傍にいるのが好きになりました(^^)v

> 近況のお写真が見れて嬉しかったです。

えへへ、また惚けた写真を貼りますね(^^)v
美月
2011-09-24 Sat 23:19 | URL | ゆうさんへ←美月より #-[ 内容変更]
無邪気に電車に手を振る美月さん・・・可愛らしい。
周りがなんと感じようと、見ようと、無邪気にはしゃぐ女の子が一人たたずんでいる様にしか見えません。

感じかた、価値観、難しいですが幸せな時間を過ごすことが出来る。それだけで本当に満足できるのではないかと思います。
近況のお写真が見れて嬉しかったです。
2011-09-24 Sat 12:35 | URL | ゆう #-[ 内容変更]
偏見のない愛情
先生のコメントを読んで、少し反省しました。

偏見のない愛情を持って接すること。

誰もが偏見を嫌いながら、愛情を持って接するのは難しいことだよね。

でも先生…偏見はどこから生まれてくるの?

偏ったもの見方の基準値は、何を基本とするのだろうね(^_^;)
美月
2011-09-19 Mon 00:27 | URL | 先生へ←美月より #-[ 内容変更]
よく長々と書けるものです。
言わんとすることは、映画やスポーツ観戦にも負けない感動が、日常生活の至るところにあるということです。
ただそれを見つけるのは難しい。
まず人に対して好奇心を持つことです。
そして自分の感性に自信を持つこと。
最後に、偏見のない周囲への愛情でしょう。
世の中には素晴らしいことがたくさんありますよ。
2011-09-18 Sun 01:02 | URL | 先生 #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。