FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
本音を言えば…(恋の二重奏)
本音を言えば・・・

君が僕を遠ざけても 僕は心の中で呟くよ。

「君を誰より愛している」って・・・。

唯一、僕に残された自由は、 君を想うことだから・・・。


本音を言えば・・・ 

あなたを忘れられるくらいなら、

本気で泣いたりしなかった。

私はここにいる。

あなたを待ってここにいる。

月が翳った夜闇でも  あなただけを見つめてる。


本音を言えば・・・

僕たちは真剣に愛を語った。

それでもまだまだ恋しくて

君への思いが尽きることを知らないだけさ・・・。


本音を言えば・・・ 

あなたが思うよりも 

私があなたを好きだということを

あなただけが知らないだけで 

わたしは今も変わらず傍にいる。


君と僕・・・あなたと私・・・・

愛しい人を思う心は、出会った頃より満ちている。 

二人同時に本音を言えば・・・

ただあなたを・・・

ただ君を・・・

泣きたくなるほど愛してる。

美 月

最後まで読んでくれてありがとう
にほんブログ村 人生最後の恋  FC2 大人の恋愛
人気ブログランキング 不倫愛


別窓 |  ひとりごと | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<若かった頃の恋 | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 曼珠沙華 >>
この記事のコメント
えへへ、ロザリーさんお久しぶりですね(*^^)v

> 懐かしいタイトルに…ついつい足を止めちゃいました。^^
> ね~師匠?今読んでも、ウルウルしちゃう俺って…変かな?^^;
> この詩を読んだ時、師匠の大きな愛を感じたけど…
> 早いもので、あれからもう一年以上経ったのですね。

それにしてもよく気が付いてくれましたねぇ~。
凄い鼻(ううん!耳?…それとも眼?)ですねぇ~(^^)v

> 春の逢瀬が流れて、俺は優香の心を疑った…
> そんな時に、師匠がこの詩で俺を励ましてくれたんだよね。^^v

はい、そうでしたね。
だって、この詩の通りだと思ったんだもん(笑)

> 男の俺には、女心は解らない…でも、師匠が詩を通して教えてくれた。
> 俺にとってこの詩は、今も変わらず胸の中に仕舞ってあって…
> 優香の本音が、そこにあるんだと思っています。^^

でもね、ここ最近のロザリーブログは、読者の方を冷や冷やさせる更新が多かったでしょ!?

師匠たるもの、ここでコメントを…とも思ったのですが(笑)、でもロザリーさんの恋を自分のことのように応援してくださる方のコメントを読んでいたら、私が書くことはなくなりました(^^♪

だけどね、あの頃の気持ちを思い出してもらいたかった。
だって本当は何も変わっていないと思ったからね(^^♪

> 師匠に巡りあって、もう2年が過ぎたのですね…
> あの頃と変わらない美月さんが、とても羨ましく思います。^^
> 弟子の分際で、失礼しました…悪しからず。(笑)

これも一つの巡りあいですよね。
私があの頃と変わらずに今を過ごせているのは、先生のおかげだと思っています。

まあね、皺の二、三本は増えたでしょうが…でも私に恋という生き甲斐を与え続けてくれている。
若さだったり、喜びの糧だったり、笑いだったり…私は先生からいろんなものを貰っていると思っています。

えへへ!今さら弟子に惚気てどうするんだ(笑)

でもねぇ~…やっぱりね、男の人も仕事や家庭と色々あって大変だと思いますが、女より少し大人でいて欲しいと思ってしまいます。

女ってね、男性より了見が狭いから甘えらえる場所があるのとないのでは、人に対する思いやりや優しさも違ってきてしまう。

自分が満たされていると少しでも何かのお役に立ちたいと思うけれど、心が捻くれてしまうとちょっぴり意地悪になってしまうところがあるでしょ?
でも本当はね、誰だって意地悪なんてしたくないのにね(笑)

だから世のため人のため、これからも優香さんに素敵な今をプレゼントして欲しいと願っています(^^)v
美月
2011-10-06 Thu 22:53 | URL | ロザリーさんへ←美月より #-[ 内容変更]
懐かしいタイトルに…ついつい足を止めちゃいました。^^

ね~師匠?今読んでも、ウルウルしちゃう俺って…変かな?^^;

この詩を読んだ時、師匠の大きな愛を感じたけど…
早いもので、あれからもう一年以上経ったのですね。

春の逢瀬が流れて、俺は優香の心を疑った…
そんな時に、師匠がこの詩で俺を励ましてくれたんだよね。^^v

男の俺には、女心は解らない…でも、師匠が詩を通して教えてくれた。

俺にとってこの詩は、今も変わらず胸の中に仕舞ってあって…
優香の本音が、そこにあるんだと思っています。^^

アイツと出逢って3年…この冬に、4度目の逢瀬を迎えますよ。

師匠に巡りあって、もう2年が過ぎたのですね…
あの頃と変わらない美月さんが、とても羨ましく思います。^^

弟子の分際で、失礼しました…悪しからず。(笑)
2011-10-06 Thu 22:00 | URL | ROSARY #-[ 内容変更]
秋の夜長、美しい調べが
遠く南の島まで届き
完熟の皮をむいた、果汁したたるプルーんを頬張った時の
甘ったるい幸福な気持ちになりました

最後のフレーズはお二人の暑い思いが
ハーモニーとなり
つい自分と重ね合わせ
思わずこみ上げてきました

美月さんは恋する詩人ですね
2011-10-06 Thu 08:50 | URL | 萌芽 #NxLgC3fg[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。