FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
老いらくの恋
仕事や家庭を中心に生きてきた人が、生まれてから今まで過ごしてきた時間よりも未来の時間が少ないと感じた時、ふと自分の足跡を辿るものかもしれない。

仕事もあり、家庭もあり、多少なり生活できる程度のお金もある。
このまま何事もなくそつなく進めば、85点くらいは付けられる人生かもしれない。

でも何かが満たされない。
理性で現状を割り出しても満たされることのない心。

それは30代半ば頃から感じていた。
けれど忙しい毎日に自分を振返る時間はなかった。

40代になると冬にしか見れない景色に心が揺れた。

毎朝、事務所に向かう途中で陸橋を越える。
その時、遠くの山々がはっきりと見える。

もちろん他の季節でも見えないだけで存在するはずの景色だけど、まだまだ見えない真実があることについて深く考えるようになった。

秋の夕暮れ、夕陽がやけに輝いて見えた。
夕陽には沈む前の美しさがある。
輝く太陽にも負けないほど、赤々と燃える炎のような夕陽に熱情を感じた。

そんなことを思うようになってからと言うもの、一生満たされることのない残り15%が85%より大きな数字に思えてきた。

だけど大抵の人は、そのことを打ち明けないし行動に移さないまま過ごすものかもしれないね。

もちろん私も出会えた相手が先生でなければ、胸のうちを語ることはなかった。
今思うと恋をしたいと思い描いて出会えた相手ではなかったからこそ、ありのままを話せたのかもしれない。

毎晩のメールで自分のことを話した。
子供の話でもなく、仕事の話でもない…一人の人間として思う様々なことを話した。

あのね、私ね… 私はね…、私ってね…。
私は何十年も自分自身のことを話したことがなかったことに気が付いた。
きっと私が私でなくても良いのではないか?と思っていたのかもしれない。

老いていく切なさを打ち消すものがあるとしたら、それは恋かもしれない。
老若男女、恋に方程式はなく、周囲から見ればこれほど愚かに見えるものはないと思う。
それでも人は、どこかで真実を貫きていたいと思うものなんだよね。
美月

最後まで読んでくれてありがとう
にほんブログ村 人生最後の恋  FC2大人の恋愛 人気ブログランキング 不倫愛
別窓 |  今ある心のままに… | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<先生に逢いに行きます | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 人生は一度きりの招待>>
この記事のコメント
Re: 点数より…
佐紅さん、コメントありがとう(^^♪

私が15%の重みに気付けたのも、先生と出会えたからです。
15%の中にどれほどの熱情を隠してきたか?と思うようになったからでしょうね。

もちろん人の思いのままの人生を歩んできた訳ではありませんが、
特別波風を立てるほどの意味があることが、周りになくなってしまったのだと思います。

自由奔放が売りだったのに売るものを取り上げられてしまえば、私が私でなくてもいいんでしょうね。
そんなの生きていても死んだも同じですよね。

先生という存在が私を蘇らせてくれました。
だから先生は私の命の恩人です(^^♪
美月
2011-11-24 Thu 23:02 | URL | 作紅さんへ←美月より #-[ 内容変更]
点数より…
点数より内容を重視したいものです。
それはテストにもいえるのですが、やっぱりふりかえって充実していると感じなければ意味がないものなのかもしれません。

85%より15%の方が大きいワケがない。

一般的な意見はそうかもしれません。
ふりかえるほどの人生を歩んできたわけではありませんが、美月さんの気持ちはわかります。
上手くは言葉に出来ないのですが…
内容のない85点よりも内容のある15点のほうが価値があると思います。

私はまだ「自分」を確立できていないのですが、それでも見失ったときの辛さや、無気力感を知っています。
でもそれは早くから「自分」がどんなもんであるかを朧気ながらに知っていたからかもしれません。
ただ言われるがままに行動し、日々を過ごしていく…
やることは多くあっても充実していないんですよね。

ある意味、幸せなのかもしれません。
変に難しいことを考えなくとも言われたままに行動したらいいのですから…
でも、それは決して満たされる事のない幸せなのかもしれません。
考え方はいろいろあるので一概にはいえませんが。


>それでも人は、どこかで真実を貫きていたいと思うものなんだよね。


真実を貫けるとき…人は一番輝いていてかっこいいのかもしれません。
自分にも他人にも、そして愛した人にも…



PS.先生と楽しんできてくださいね^^報告楽しみにしています(笑)
2011-11-23 Wed 21:51 | URL | 佐紅 #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。