FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
人生は一度きりの招待
前回書いた記事ですが、とても難しいテーマですね。

正直なところ、今の私では明確な答えが出せない。
私が最期の時に何を思うか?それも今はわからないからです。

「●●だったらいいなぁ~」と思うことはあります。

でもその時思うことを現実にする為に今が大切となるとね…、死を迎えることと時間の不思議は似ているなぁ~と思います。
まあね、相変わらず発想が飛んでしまってるような…(^_^;)

先生とパラレルワールドの話をよくします。
浦島太郎から始まり、同じ時間でありながら異空間で存在する人々など…。

またこの現実世界の中にも人外世界を生きている人もいる。
実は誰一人として、同じ時間を生きていないかもしれないと思ったりね。

そんなことを頭の中で巡られていると、夜も眠れなくなってしまう。
でも先生のように本格的に難しくは考えられないので、空想世界を旅しています。

あれ!?やっぱり話が反れてますよね…戻さなくちゃ(^^ゞ

私が頑張って頑張って生きたとしても、肉体が生命を保てるのはせいぜい100年くらいでしょう!?
でも私がいなくなったとしても、時間は永遠に流れていくんですよね。

そう思うと私の生涯は、時の流れのほんの一瞬の出来事です。
でも一瞬の中に永遠があったり、今日一日が人生の全てかもしれません。

今日の終わりに、私は眠りにつきます。
その日によって眠りにつくまでの間に考えることは違います。

きっと誰もが様々な思いを抱き眠りに付くものかもしれません。
それでも今日一日が眠りで終わるのは、皆同じような気がします。

その眠りから目覚めるか?目覚めないか?実は眠る前の私にはわからない。
でも生まれてからずっと繰り返してきたことだから、きっと明日は来ると想定してしまう。

本来であれば、時間が継続される期待に幸福を感じるべきなのかもしれませんね。

先生は何か考え出すとどこまでも限りなく続いてしまうので、お酒を飲んで少し脳みそを柔らかくさせてから眠るそうです。

「眠らないと明日に堪える…」
きっとそう思ってのことなのだと思います。

だけど今が楽しかったり、やりかけのことがあると眠るのさえ惜しいと思ってしまうこともある。
たとえ不本意であっても、明日を迎えるために眠らないと死んでしまうというのは、とても無情な気がします。

死はその逆かもしれませんね。
明日よりも今日を継続させたいと思う気持ちが強くなるのかもしれません。

いつ深い眠りに付くか?それは誰にもわからないことです。
だから今できることは今に行うことが大切だ、といつも先生に言われます。

そして出会った頃ばかりの頃、先生が私に言いました。
「人生は一度きりの招待です、後悔のないように…」ってね。

辛い時、苦しい時、私はこの言葉を思い出すことにしています。
そう思うとね、些細なことなどどうでも良いと思っちゃう。
日が暮れないうちに、思いつく限りのことはやってみようってね。
美月

追伸…
今夜の先生のメールには「お前、演歌歌手になってCDを出せ!」と書かれていました。
だけど語尾の最後に【(笑)】マークはありませんでした。

ホント、先生ってね、不思議な人。
だけどね、先生に言われると、なんでも出来るような気がします(^^♪

でも演歌歌手はやっぱり着物が似合うとなると、少し困ってしまいますが…。
なんといっても私の肩幅は、洋風マネキンのように一直線です(汗)

最後まで読んでくれてありがとう
にほんブログ村 人生最後の恋  FC2大人の恋愛 人気ブログランキング 不倫愛
別窓 |  今ある心のままに… | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<老いらくの恋 | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 無縁社会が引き起こす悲劇=孤独死?>>
この記事のコメント
Re: 難しいものです
佐紅さん、コメントありがとう(*^^)v

> 悠久の時の流れのホンの一部をもらっただけ…
> 大自然の中にいるとよくそんな事を考えます。

確かに自然と向き合えば、人間なんて小さなものですよね。
だけどね、考えようによっては、全ては私の視点で物を見ているのだから、
「なぁ~んだ、私の為に地球が回っているんだぁ~」と思ってもいいのかなぁ~(^^♪

> 寝る前は考え事はしないようにしています。寝られなくなって次の日フラフラしていますから(汗)

昔はねぇ~と、昔話をするとオバサンになるそうですが(笑)、
若い頃は僅かな仮眠をとれば、3日くらい寝なくても平気で遊んでいられました。

でも、その翌日になると、一日半ほど死んだように眠ります。
そう考えると一日単位で考えれば短い睡眠ですが、一週間、一ヶ月単位で考えると今とあまり変わりないのかもしれません(^^)v

> そうそう、すっごく気になるのですがなぜ演歌歌手の話が出てくるのですか?気になります(笑)
> 差し支えなければ教えてください^^

それはね、「どうだ!私の歌を聞け!」と言わんばかりに、あまりにも偉そうに歌を唄うからです。
えへへ!聞いている人はとても腹立たしいらしいのですが…(笑)

だから先生のお許しがでない限り、私の順番は回ってきません。
けれど一度、歌い出したら止らないので、それなら歌手になって好きなだけ唄えということなのでしょうね。

演歌はね、ポップスを歌うには年齢が高すぎるからだと思います(^^♪
2011-11-21 Mon 22:39 | URL | 作紅さん←美月より #-[ 内容変更]
難しいものです
「死」というものは人生最大の課題なんじゃないのでしょうか?
考えたり、思いをめぐらす事はあっても答は出ない。
もしかしたら…深い眠りにつく前に出るかもしれませんが、きっと直前のような気がします。
「答が出せない」というのが答なのかもしれません。

時間も同じなんだと思います。
もともと存在していたものに人間が勝手に「死」や「時間」という名前を付けているだけだとしたら…
抽象的には理解し、共感できても本質そのものを理解したワケではない。
だから人とのズレや、環境とのギャップが出るのかもしれません。

悠久の時の流れのホンの一部をもらっただけ…
大自然の中にいるとよくそんな事を考えます。
誰が何をしようと地球は廻るし、時は流れます。
となると、「生かされている」と考えるのが妥当かもしれません。「もらった命を返す」とも…

でも面白いもので、日によって考えている事は違います。今日はどうも小難しいことを考えているみたいですが(笑)


寝る前は考え事はしないようにしています。寝られなくなって次の日フラフラしていますから(汗)

「人間、ある程度寝んでも死にゃせん」

師匠は豪語しますが(豪語でなく実践していますが…)、私には無理です。暇さえあったら寝ている人間ですから(笑)


>「人生は一度きりの招待です、後悔のないように…」


いい言葉ですね^^
一度きりだからこそ「今」を大切にしなければならないのかもしれません。



そうそう、すっごく気になるのですがなぜ演歌歌手の話が出てくるのですか?気になります(笑)
差し支えなければ教えてください^^
2011-11-21 Mon 22:00 | URL | 佐紅 #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。