FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
今だから語れる恋もある
昨夜の先生のメールには、『男はつらいよ』を観て泣けたと書かれてあった。

『寅次郎相会い傘』

マドンナ役は浅岡ルリ子扮するリリー。
土佐周りをしながら場末のキャバレーで聞いてもらえない歌を唄う女性です。

リリーは寅さんが憧れを抱いた他のマドンナとは違う、まるで同志のような関係だったのだろうね。

二人だから分かり合えること、二人しか理解できない苦しみや喜びを共有できる唯一の存在だったからこそ、その絆は固く結ばれていったのだろうと思う。

寅さんは、妹のさくら、そしてとらやの家族といつでも温かく迎えてくれる人達がいるけれど、「家庭」という漠然とした幸福世界では、決して満たされることのない孤独を持っていたのだろうね。

懸命に働く人びとを「労働者諸君」と呼んでしまうのも哀れみではない。
そうでありながら、中流階級や上流階級の目指す人びとに、幸福を持ち物で定義しようとする考えに反発をするんだよね。

昔、お盆と正月といえば寅さんだった。
映画館で寅さんを観たことはなく、きっとTVで新作を見ることは無かった時代だったかもしれない。
それでもマドンナ役に選らばれる女優さんは、どの人もマドンナという言葉がぴったりの美しい人ばかりだった。

だけど初めてリリーが登場する「寅次郎忘れな草」を観た時は、子供ながらに訳もわからず泣けてきた。
そしてその時のリリーの言葉が、いつしか私の言葉になっていったのかもしれない。

何百ぺんも惚れて、何百ぺんも振られてみたいわ・・・。

惚れられたいんじゃないのよ、惚れたいの。

そりゃぁ色んな男と付き合ってきたわよ。

でもね、心から惚れた事なんて一度もないのよ。

一生に一度でいい、一人の男に死ぬほど惚れて惚れて惚れ抜いてみたいわ。

振られたっていいの。 振られて首くくって死んだって、あたしそれでも満足よ。


リリーは寅さんと出会って、「私の初恋の人、寅さんじゃないかしらね…」と言った。
今だから…、リリーの気持ちが痛いほどわかる年になった。
美月

最後まで読んでくれてありがとう
にほんブログ村 人生最後の恋 FC2大人の恋愛 人気ブログランキング 不倫愛
別窓 |  今ある心のままに… | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<愛すれば愛するほどに… | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 先生に逢いに行きました>>
この記事のコメント
彼との仲が今も継続していると聞いて嬉しくなりました。

出会いがもっと早ければと思うのは、それだけ想いは深いからだと思います。

体は気遣えるだけ、十分気遣ってあげてくださいね。
自分の心を語り、伝える為の大切な道具です。

亡骸にどれほどの思いを語っても、生音で響いてこないのは寂しいことはないと思います。

私も若い頃は潔く生きたいと思っていました。
だけどね、今は雑草でもいいから、先生の足元に根付いていたいと思っています。

> 専門医に、精査して貰おうと思いました。
> 10年後も生きていられるように。。。

はい、ぜひそうしてくださいね。
今夜の記事は、そんな思いから書きました。
大切な人を悲しませることのないように…美月
2011-12-31 Sat 00:15 | URL | keyさんへ←美月 #-[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-12-29 Thu 23:50 | | #[ 内容変更]
Re: 心の底から…
> この歳で心の底から惚れた人がいるというのは幸せなのかもしれませんね…
> 惚れぬいたから…告白できたのかもしれません。

佐紅さん、まだまだ「惚れた」という言葉が似合う年齢ではないですよ(*^^)v

何度も泣いて何度も縋って…。
それでもどうしても離れられない男だから「惚れた」と言えるのです。

今まで言葉を控えてきました。
あまりに美しいものをこの手で汚すのが怖かったからです。

偽善者になろうとしていたのですよね。
だけどね、泥に汚れないと語れない愛があることも知ってほしいと思います。
美月
2011-12-27 Tue 02:16 | URL | 佐紅さんへ…美月 #-[ 内容変更]
心の底から…
この歳で心の底から惚れた人がいるというのは幸せなのかもしれませんね…
惚れぬいたから…告白できたのかもしれません。

「振られてもいい」

そう思っていたのは告白する決心をする前まででした。
決心したら面白い事に

「どうやって告白しよう」

そればかり考えていました。

心の底から好きな人に思いを伝える…
それだけで幸せなのかもしれません。



時間が許すのであれば寅さんも観たいです^^
早く春が来て欲しいものです(笑)
2011-12-25 Sun 22:09 | URL | 佐紅 #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。