FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
愛すれば愛するほどに…
先週、先生と行った中華料理屋さんでのこと、先生はとても切ない顔をしてた。

お店で働く若い中国人男性に笑顔は無かった。
BGMのない店内は、ドアの隙間から吹き込む風音だけが響いていた。

先生がぽつりぽつりと、今飼っている犬と出会った日の話をしてくれた。

ペットショップの檻の中、飼手の見つからない大型犬は売れるには大きくなりすぎていたらしい。
狭い箱から出してもらうと、とても嬉しそうにはしゃいでいたと、当時を振返り遠い眼をして話してくれた。

えへへ!先生にじゃれ付いて甘えたのかなぁ~…。
男の子だから、きっと甘え方も狂ったようにやんちゃだったろうね。

その姿があまりにも切なく見えて、お家に連れて帰ったんだって…(*^^)v

今ね…、彼はとっても幸せだと思うんだよ。
だからね、先生にそう言ったの…。

先生もね、「うん」と言ってくれたけれど、でもね、彼が今を幸福と感じていても、先生が迎えに来るまでの寂しさや悲しみを思うと、堪らなく切なくなってしまうのだろう先生を観ていたら、私まで泣きそうになっちゃった。

きっと先生は、彼の受けた心の痛みを一生癒すことはできないのではないか?と思うから、切なくなるのかもしれないよね。

愛ってね、愛すれば愛するほど、過去にも未来にも広がり深まるものだと感じたよ。

どうしてなのかわからないけれど、「今、幸せだから…」と私が言ってしまいそうになった。
でも言うの止めた。

言葉にできない想いを、言葉にしようとすれば嘘に聞こえてしまうから…。
だけど、きっと彼だってね…、大好きな先生に悲しい顔で見つめられたら同じように切なくなるよね。
美月

プリン二号さんへ…
拍手コメントありがとうございます。
気付くのが遅れてしまい、お返事が今になってしまいました。
ごめんなさいm(__)m

たとえ清廉潔白でなくても、愛することに一途であれば同じではないですかね(^^)v

tamiさんへ…
拍手コメントありがとうございます。

リリーはね、元々捨てるものがないんですよね。
何も持っていないの…。だから愛することに一途になりたいのかもしれませんね(^^)v

でも寅さんはリリーと違って温かく迎えてくれる家族がいるでしょ。
だから一度は身を引いてしまうんだけど、でもリリーの心を癒せるのは寅さんしかいないとわかっているから、何度も戻ってくるのでしょうね。 

一人でも生きられるけれど、愛することを知れば独りを寂しいと思う。
それを初めて気付かせてくれた寅さんだから、リリーの初恋の人なのだと思います。

最後まで読んでくれてありがとう
にほんブログ村 人生最後の恋 FC2大人の恋愛 人気ブログランキング 不倫愛
別窓 |  今ある心のままに… | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
<<先生に逢いに行きました | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 今だから語れる恋もある>>
この記事のコメント
それでもあなたが好きだと言えればいいじゃない?
誤魔化さずに自分の心に問いなさい。
私は美月と一緒にいる時がとても楽しいのです。
愛なんてインチキ語は使わないけど、
もっと一緒に話をして過ごしたいだけです。
ただそれだけ・・・
彼女はね、初めて逢った時、学歴が違うとか思ったもたいだけど、そんなの関係ないんだなあ・・・私は彼女の想うことは素晴らしいと思うし、もっといろんな話を聴きたいと思っています。
だって美月の話は素晴らしいもの。
余計な飾りはいらないね。
いつも隣にいて、べらべら喋っていて欲しいだけ。
ああ、もっと一緒にいたい。
いつも願うのはそれだけです。
屁理屈はいらないんだよ。
今夜こんなことを書いて泣いている自分が嬉しいだけ。
あいつ、一所懸命だから・・・
2012-01-02 Mon 00:15 | URL | 先生 #-[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-12-30 Fri 11:45 | | #[ 内容変更]
権利はありませんが
頭が冷えていないのでしゃべる権利はありませんが…


不信はあります。
あと一年は一緒にいれたのにいられなくなりましたから。
でもそれは師匠のせいでもないですし、誰のせいでもないです。
それを師匠のせいにして責めるほうが不誠実です。

もともと期限付きのようなものです。
だからなおさら生活を壊してまで助けないで欲しいのです。
それを互いに承知しています。
先生と美月さんとの関係と比べたら遊びだと思います、いや、絶対に遊びでしょう。
期限付きの段階ではっきりと「遊びだ」とおっしゃるでしょうし。

でも哀しい思いをさせないのが「愛」というなら「愛」です。
客観的に観たら哀しそうなんでしょうが主観ではそうではありません。
限られた時間であれ私を弟子ではなく、一人の女性として付き合ってくれる。
遊びであれば適当にあしらえばすむはなし。
そうでないから遊びでないと考えています。


大切な時間を縛る大悪人であるなら私だってそうです。
師匠にも私にも話したり、逢ったりする以外にも大事な時間はありますからね。
そうであるなかで師匠といる時間は大切な時間の一つなのです。
互いに大悪人だからこその行動なんです。
大悪人でなければこんなことはしません。


師匠が「遊び」と思いはじめているかどうかは春に逢えばわかります。
「遊び」であるならそれまでのこと。
なんであれ、期限は春までです。
師弟関係に戻るかもしれませんしそうでないかもしれません。
どちらにせよ私と師匠の問題です。


忠告ありがとうございます。
一つ言いますと何に対しても自信はありません。
自分自身に対してもです。
常に不安でもありますよ?
でもそれは今に始まった事ではなく師匠に出会うずっと前からです。
こんなめんどくさい人間を洗脳してまで遊びたいと思う物好きはいないでしょう。

なんだかんだ言いながらそれらを払拭してくれるのが師匠です。
不誠実な輩であるなら常にその事を気にかけてはくれないでしょう。
遊びであるならでもです。
私は師匠を不誠実だとは思わない。
それだけのことです。


勉強になりました。
きっと客観的だと先生がおっしゃるとおりにみえるのでしょうね。
2011-12-29 Thu 11:11 | URL | 佐紅 #-[ 内容変更]
実に単純な論理だよね。
あなたの感情を推察すれば、自分に自信がないのだろうね。
愛と言いながら、相手の感情が不確かだから、自分も無責任を装わざるを得ないんでしょう?
実は不安で仕方ないのですよ。
不倫であろうと、人は安定を求める生き物です。
しかしあなたには安住の地がない。
あのね、遊びじゃない愛はね、そんな哀しいことを相手に感じさせないことなんですよ。
あなたがそれだけ想っているのに、どこか不信感を拭いきれないのは、相手が不誠実だからです。
私は美月が困れば、どんなことだってしますよ。
自分の生活を壊しても助けますよ。
ただそんな馬鹿な事態は極力避けるようにプランニングしていますがね。
あなたはわかっているのでしょう?
いくらあなたが愛したとしても、決して相手を動かすことができないことを・・・
それでもあなたの大切な時間を縛っている師匠とやらは、はっきり言えば大悪人です。
だって彼にとっては遊びでしょう?
だから洗脳と言っているわけです。
子供の火遊びはやめなさい。
覚悟のできない恋愛から得られるものなどありません。
過去、たくさんの独身女性を傷つけた私からの忠告です。
2011-12-29 Thu 00:28 | URL | 先生 #-[ 内容変更]
先生へ
美月さん、場所お借りしますね。


冷やかしだと感じたなら謝ります。
すいません。


世間の言う「遊び」がどのようなものか詳しく知らないので断言はできません。
なので師匠との関係を「遊び」とも言われても仕方ありません。
私の中では「遊び」ではないですが、こんな状態である以上、否定もできませんし、肯定もできません。
でも唯一、はっきりと否定できるのは「洗脳」です。
洗脳させてまで私みたいなのといる必要がないからです。


幸せの責任をとるのと、愛の責任をとることが同じであるならば、
幸せの責任をとったら「愛」なのか。
どんな形であれ責任をとったら「愛」になるのか。
幸せ=愛されているもしくはしているなのか。


多くを知らない私には今、答を出すのは不可能です。

満足な返答ではないと思います。すいません。
でも現状ではこれで精一杯です。



今までのコメントで不愉快な思いをさせてしまったのならすいません。

しばらく頭を冷やします。
2011-12-28 Wed 21:26 | URL | 佐紅 #-[ 内容変更]
なるほどね。
責任を負わない愛か…でもそれって、世間で『遊び』と呼ばれているのと一緒じゃないかな?
違うとすれば、何が違うのかな?
まあ、申し訳ないけど、このブログを読んでいる男性は、『師匠とやらは上手いこと洗脳したな』と羨んでいるだろうねえ。
あなたにとっても師匠とが遊びならば、このブログへ来てあれこれ喋る権利はないよ。
冷やかしはやめなさい。
2011-12-28 Wed 18:18 | URL | 先生 #-[ 内容変更]
確かに
確かに不信感を持たれても不思議ではない関係ですし、師匠に不信感を抱かれてもおかしくはないです。


でも人からさげずまれようが、どんなけ世間体が悪かろうが、世界中の人から嫌われようが、私が恋し、惚れて、自分ではどうしようもない感情を師匠に持っているのは事実なんです。

美月さんが偽善者だとおっしゃる理由もわかります。
でも…求める幸せに責任を持たないで欲しいのです。
私が幸せを求めるのは自分自身なんです。
師匠に対して、ではないのです。(幸せになって欲しいとは思いますが。)
責任をもたれると…それは私が望む幸せでなくなる気がするのです。
責任を持った人の幸せのような気がするのです。


私は人から幸せを求められても、責任はとれません。
そもそも幸せも形がなく、人の数だけあります。
そんなものに言葉?行動?何で責任をとったらいいのか検討も付きません。
私を介して幸せになるのはかまいません。
むしろ私みたいなので幸せになってもらえたらありがたいことです。

でも…責任は求めないで欲しい。
私の行動は私自身で決めます。
他人の幸せのために決めるものではないです。
私の行動のせいで不幸になったといわれても責任はとれません。
常にベストだと思う行動をとるようにしていますからね。

無責任に感じるでしょうが幸せに対してはそうです。
曖昧なものほど怖いものはない。というのもありますが、
幸せは人から齎されるものではない。と考えていますからね。
自分自身の幸せは必然的に責任があります。
自分で起こす行動には責任が付いてくるからです。


私と同じような考えを持っている師匠もそうなんだと思います。
心のどこかでそれを感じたから師匠に惹かれた部分もあります。
だから責任をとってもらいたくないですし、とりません。



師匠と私が持っている「愛」が確かなものかは解らないです。
「愛」もまた曖昧で不確かなものです。
でも…相手の事を思うだけでこんなにも苦しくなるのは確かなんです。


デカルトの方法的懐疑と同じです。
全て嘘かもしれませんし、錯覚かもしれません。
でも、考える私が確かに「ある」のと同じで、師匠を思い慕う私が「ある」のは確かなんです。


思ったままに綴ったので、纏まってないですし、自分でも何が書きたいのかわからなくなりました。

でもこれだけはいえます。
不信感をもたれようが、全てが嘘であろうが、なんであろうが、私が師匠に寄せる思いは確かなものですし、その逆もそうです。
それに師匠は私の幸せに応えてくれている。
この二つは確かです。


後悔はしてません。けど、迷います。不安になります。
でもそれはそれでいいのかもしれません。
2011-12-28 Wed 10:47 | URL | 佐紅 #-[ 内容変更]
追伸……

先生宅のワンちゃんは
先生に巡り逢うまで待っていたと思います。

沢山の人達が。ワンちゃんと触れあっていたとしても


ご縁が無かったのでしょうね……


決まるときは。アララッて程、早いときも有ります。


私は。
巡り合わせをその子自身持って居ると思います。


だから、先生を待っていたワンちゃんは

巡り逢い
今もこれからも幸せでしょう…。

飼うと云うのは人間の判断だけど…


連れて行かれる側も
相手を選んでると思います。


巡り逢えた幸せを
感じてるのでは

無いでしょうか??


先生と居たいとアピールしたかも知れませんね(*^∇^*)



2011-12-28 Wed 00:19 | URL | key #-[ 内容変更]
確かに動物社会にも沢山の不幸がありますね。
求められる数が増えれば、余るものもでてくる。

それは動物も人間も同じ扱いなのだと感じてしまうことがあります。
幸福がある限り、不幸はなくならないのかもしれませんね。

なんだか切なくなってきちゃった…美月


2011-12-27 Tue 23:53 | URL | keyさんへ←美月 #-[ 内容変更]
Re: 笑顔
正直に言えば、私は作紅さんの慕う男性に不信感を抱いています。

私が大人の男なら、佐紅さんには会いません。
師弟以上の感情を持っていると知っているなら尚更です。

どんなに泣かれて脅されてもです。
あなたのことが好きでも嫌いでも同じです。

輝かしい将来のある若い女性の求める幸せに応えられない、責任の持てない男の曖昧な愛など偽善者以下です。
それでもお互いの愛が確かであれば、迷うことはないと思います。
美月
2011-12-27 Tue 23:07 | URL | 佐紅さんへ←美月 #-[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-12-27 Tue 22:41 | | #[ 内容変更]
笑顔
笑顔も「ありがとう」の言葉も魔法なんですね。
周りの人を無条件に幸せ?何と言うのでしょうか…にしてくれますからね。


私も犬を飼っています。
ソフトバンクのおとうさんに似ている、白柴です。
うちの子もかなり大きくなっていました。
出してもらうと…普通は嬉しくてじゃれ付いてくるはずなんですが…嬉しそうな雰囲気を出すものの、私を気遣うかのように(このときも少々心身を…)大人しく、擦り寄ってきただけなんです。両親にもそうでした。
多分、多くの人に「気になるから」って出してもらっていたんでしょうね…
「過度な期待は自分を苦しめる」
それを悟ったような犬でした。
連れて帰ると私の後をずっと付回していました。
落ち着くんでしょうね…私が使っていた毛布を渡すと嬉しそうにその上で寝始めたんです。
今はえらく態度のでかい犬になりましたけどね(笑)
でも…やっぱり家族に笑顔がないと気を遣ってくれます。

私の犬が幸せ、とは言い切れません。
やっぱり他の家に比べてできないことがたくさんありますしどう感じてくれているかわからないですからね。
でも…先生のうちの犬は幸せのような気がします。
今まで感じていた不幸がなくなるくらいかわいがってもらっている。そんな気がします。
私は直接、先生がどんな方かは解りません。
でも、美月さんが綴られる「先生」という人はそれができる人だと思います。

拙いですね…涙が止まりません。


「お前は犬に似ている」

ある日師匠が何の脈絡もなく呟いた一言です。
だからってわけでもないですが人間のエゴで苦しんでいる犬を見ると(犬に限らずですが)助けてあげたくなります。
でもそれができない。
だからせめて…今飼っている犬を幸せにしてあげたい。
そんな思いもあります。





>何度も泣いて何度も縋って…。
それでもどうしても離れられない男だから「惚れた」と言えるのです。


確かにこんな状態ではないです。
純粋無垢な「惚れた」かもしれません。
でも、今までの状態を考えると私にとっては「惚れた」なんです。
難しいんですけどね…


泥にまみれ、地の底をはいずってでないとみえないものもある。
闇を知っているから、光のありがたさがわかる。

恋(愛)も人生と同じなんでしょうね。
人生の中に恋があるんじゃないんですね。
人生と対等なものとして恋はきっとあるんでしょうね(あははっ、自分で書いていて何が言いたいのか解らなくなりなした笑)

私は生意気なガキです。
辛辣な言葉で人生を指し示してくださったらありがたいです。


長々とすみません
2011-12-27 Tue 13:12 | URL | 佐紅 #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。