FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
先生に逢いに行きました
昨日は先生に逢いに行きました。

休日の逢瀬は嬉しい。
先生の傍に一分でも長くいられると思うと嬉しくて終始浮かれてしまう。

だけど好きな人の傍にいると、どうして幸せな気持ちになるんだろうね。
好きだから?癒されるから?
う~ん、なんだろう?やっぱり気持ちが良いからかなぁ~(*^_^*)

出会ってからの月日を数えるほど几帳面ではないけれど、先生と過ごす時間が重ねるたびに、先生のことを好きになります。
これってね、先生の魅力なんだなぁ~と思う。
まさにスルメ効果だよねぇ~。

昨日は、疎遠になっているおでん屋さんに久しぶりに行きました。

行かなかった理由は、お互いに相手が怒っていると思っていたらしいけれど、でもそれもどっちでもいいことだなぁ~と今は思う。

疎遠になっている間、この店の前を不信感を募らせ素通りするのが嫌だったので、今後この店に行っても行かなくても、普通の気持ちで前を通りたかった。

だから先生にお願いして久しぶりに店に伺ったのですが、お店の大将もお姉さんも、きっと最初は理由があって怒っていたけれど、年老いたお母さんが口ぞえをしてくれたお陰と、最後に行った時から数えて暫く姿が見えないので気がかりになったのでしょうね。

「またお見えになってくださいね…」

お母さんが私たちの席まで来て、声をかけてくれました。

いつもなら娘のように普段使いの口調で話してくれるのに、他人行儀な丁寧な挨拶にやっぱり何かあったのだと感じました。

そのことを先生と深くは話さなかったけれど、先生も温度の違いを感じているのはすぐにわかりました。

本当はね、以前から感じているものがあったんですよね。

それまでは仲良しだったから言葉には出さなかったけれど、ううん、自分達がご贔屓にされていたから見過ごしてきたけれど(見逃してかな…)、本当はね、他のお客様に対する態度に対して不満を持っていたんだと思います。

確かに私達もミーハーな行動をとる人のことを恥ずかしいと思うけれど、でも雑誌を片手に店を探して来たお客様にとっては、その日を楽しみしていたでしょうね。

この店でそんなことしたら斬られるよなぁ~と苦笑しながら、それでもちょこんと座って、独り寂しそうな顔で飲まれると、隣で飲んでいても酒が美味しくない。
だって自分を殺して飲む酒なんて、美味しいはず無いもんね。

私が先生に叱られることの中で一番多かったのは(まあ、今も相変わらず色んなことで怒られていますが…)、人の期待に添えないことです。
相手の気持ちを先に考えず、自分を正当化しようとすれば、すぐにお払い箱になります。

謝るにも筋道があることを教えてくれるし、謝るのが苦手なら謝らなくてはいけないようなことをしない、と教えてくれる。

先生は二人の時間をとても大切にしてくれているので、少しでも負になる材料があると察すれば、行動する選択肢の中に入れないのだけれど、もし?私の態度が悪かったことでこうなってしまったのなら謝りたいと思う気持ちから、先生にお願いして着いて来てもらいました。

仲直りとまではいきませんが、でも行ってよかったと思います。
これで堂々と肩で風を切って歩ける自由が戻ってきたのですからね(*^_^*)

出来てしまった溝を埋めるには、時間がかかるものです。
でも腹を割って話せるほど深い間柄で無い限り、時間を掛けることに意味が感じられないのであれば、縁は切れてしまうでしょうね。

縁とは、運命などではないんだなぁ~とつくづく思いました。
お互いが結び合う心がご縁に繋がるのだと感じました。

それにね、喧嘩もできないような店だったら、どこの店に行っても同じでしょ!?
恋に限らず人間関係に喧嘩は付物だよね(^^ゞ

どんなに良い顔したって心の中はお見通し…、それにね、愛想なんてし合っているうちはお互いに一見さんだからね、そんなところに一生懸命働いた金を使うのはもったいない。
それならお金の喜ぶ使い方をしたいと、常日頃から思っています(^^♪

えへへ!意地っ張りかなぁ~。
うん、意地っ張りだなぁ~と思いながら、意地を捨てて生きる意味は見つからない。

「お前なんていつか地獄行きだぁ~」と言われて、「そう言うお前だって地獄行きだろう」と返してしまう。
だけど「俺は(私は…)天国に行けるんだぁ~」と言い返されたこともないんだから、誰もが皆、悪を抱えて生きているんだろうね。

でも先生だけは違った。
「お前は俺の傍にいればいいんだ!」と言ってくれる。

私は捻くれものだし、頭も悪い。
それに負けず嫌いで、そのくせ口が達者も災いしてか…喧嘩も耐えない。
「ありがとう」は言えるのに、「ごめんなさい」をいうのが苦手だしねm(__)m

だけど、先生はこんな私のことを認めてくれた唯一の人だからね、全部知ってて、それでも本気で叱ってくれた人だから、私はどんなことがあっても先生の傍を離れない覚悟でいるんだよ。

洗脳でもなければ、マインドコントロールでもないんだよ、私の意志がそう思わせる。
それってね、自分の居場所はここだと思うからだよね(^^♪
美月

別窓 |  愛しい時間 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<花のように… | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 同棲という響き…>>
この記事のコメント
逢いたい気持ちは…
じおあむさん、コメントありがとう(^^♪

コメントにご質問を頂いて思ったのだけれど、
逢いたい気持ちが昂ぶる時は、「先生に逢いたい…」とだけ思って逢える日を心待ちにしています。

だってね、この気持ちを誤魔化せるほど熱中できるものが見つからないんだもん。
だから気持ちのままに、先生に思いを伝え続けます。

一般的な不倫恋愛がどのようなものか?よくわからないのですが、
私の心の支えは、私がいつも逢いたいと思っているだろうことを、先生が知ってくれていることです。
だからね、必ず先生が逢えるようにしてくれると信じています。

思い込みかもしれません…。
でも思わないと叶わないことも沢山あるから、先生と過ごした時間を思い浮かべながら待っています。
美月
2012-03-07 Wed 00:33 | URL | じおあむさんへ←美月 #-[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-03-06 Tue 10:43 | | #[ 内容変更]
はじまして、美月です。
じろあむさん、コメントありがとうございます(^^♪

タイトルですか…
ブログを始めるにあたり、率直に感じる気持ちをタイトルにしました。

灰になるまで…先生の傍にいたい。
この思いは、年を重なるほど深まっていきます(^^)v

じろあむさんもお付き合いしている男性がいるのですか(^^)v
不倫関係であれば、逢瀬の時間を作るのは大変だと思います。

> (逢いに行く)…ですが
> 時間などには?拘束は?ないのでしょうか?

もちろん仕事もあり家事もあるので、全てが自由という訳にはいきませんが、私は先生に逢えることを楽しみに日々暮らしているので努力しています。

拘束ですが…
それは妻の座を下りてしまったのでありません。

もちろん戸籍上の夫婦関係は残っているので、3人の子供の母であり家族ではありますが、いずれ年を取った時に、お互いに何も無かったかように、終わりよければ全て良しとするのが嫌だった。

終わりに全てがあるわけじゃないからね…。

歩いている道のりに生きてきた軌跡があるのだから、最後の最後になって自分の人生を誤魔化すようなことだけはしたくないと思いました。

でも色んなことを乗り越えて、世間で言う夫婦となるのかもしれませんが…(汗)

…と書くと大人っぽいのですが、実はすごく子供染みていて、もし?この恋が終ってしまったら…などと考えるのが寂しくて、先生を好きな気持ちに嘘を付くことだけは絶対に嫌だっただけかなぁ~(^_-)-☆

いずれ義父母が亡くなれば、私は家を追い出されるかもしれません。
それで独りぼっちの老後になってしまったとしても、私は後悔しない。

だってね…こんな私でも、こんなにも人を好きになることが出来たのだからね(^^)v
美月
2012-03-06 Tue 00:48 | URL | じろあむさんへ←美月 #-[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-03-05 Mon 15:48 | | #[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。