FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ゴールデンウィーク
ゴールデンウィーク中は二度先生に逢いに行きました。

五月晴れの空の下、横須賀の海に鯨のように浮上している軍艦を見ながら、海沿いに連なるベンチの後ろには色とりどりの薔薇の花が艶やかな美しさを競いあっていた。

蒼い空に穏やかな風、薔薇の花と隣には大好きな先生がいるとなると、あまりの上機嫌に午前中からビールで乾杯となりました。

休日くらい好きな時間にお酒を飲み、時間を気にせず昼食を取りたい。
何も花見の時期だけが無礼こうなわけではないからね。

でね、午前中から飲んでいるのだから、さすがに飲みすぎで?、ううん、先生の住む街の近くで夜遅くまで飲んでいたので、そのまま先生の家にお泊りしてしまった。

深夜遅くに帰宅し、静か~な住宅地を先生の愛犬と散歩に出かけた。
夜の公園には若者3人がブランコに乗ってたむろって居たけれど、若者より不良中年は元気にはしゃいでいました。

二度目はちょこっといつもと違う遊びを…

田町にある先生の母校(大学)に足を踏み入れてしまいました。

あれから30年…
綾小路きみまろではありませんが、月日の経つのは早いもので先生も50歳を過ぎ見かけは大人になりましたが、精神的にはあまり変わってはいないのではないかと校内を歩きながら思いました。

だけどね…ちょこっとヤキモチ妬いちゃった。
私も先生と一緒にキャンパスライフとやらを楽しみたかったなぁ~ってね(^^ゞ

まあね、勉強そっちのけになってしまうのがオチだから、出会いは遅くてよかったのかもしれないし、若い頃の二人ならすぐに喧嘩して別れていたかもしれないなぁ~…というより付き合っていないと思うけどね。

きっと、当時の私には先生の敷居が高かったなぁ~。
じゃあ~今は?…もちろん今も先生の方が偉いけれど、偉いと素直に認められるだけ私が大人になったよね(*^^)v
美月

sanさんへ…

ご心配いただき、また禁煙の応援メッセージありがとうございます(*^^)v

>頑張っている人に頑張っては禁物ですね。

いえいえ頑張っていませんから、応援いただいても心痛くないですよ(笑)

でも無駄に吸ってはいません。
一日、一本~3本の日もあるし(火をつけると落ち着きます)まったく吸わない日もありますが、30本以上吸っていた日々に比べたら排気ガスより少ない量の吸引です。

どうも制約されると逆らいたくなる性格のようで、「禁煙しているんでしょ!!!」などと言われると、余計に吸いたくなってしまう。

でも薬のおかげかな?タバコが美味しく感じないのは寂しいけれど、手持ち無沙汰で火を付けていた習慣は消えつつあります。

金曜日は病院に行って肺のCT検査もあるしね、とりあえず今のところ気が狂うほどのニコチン離脱症状が出ていないので頑張れるような気がします。

>美月さんの文章を拝見していると、どうしたら美月さんのように前向きに、大好きな人との未来を思うことができるのだろうと感じます。

私が描いているのは未来の姿なのかなぁ~?

明日を未来とするなら、一週間先は遠い未来になりますね。
でもね、私…いつも先生のことばかり考えているから、昨日も明日もあまり変わらないような気がします。

先生といつまでも一緒にいたい…と思う。

でもその日が明日かもしれないし、20年先かもしれないけれど、きっとね、どちらであっても同じくらい寂しいし離れたくないと思ってしまうでしょうね。

だからね、いつも今が永遠なのではないかと思っています。

もちろん、もっと一緒にいられる為には何をしたらよいかわかりますが、今の時間の流れとその時が一致していないような気がして…。
でもその反面、二人で過ごす時間が増えてきているのも自然なことなのではないかと思うんですよ。

先生と過ごした時間は実際の時間の何倍も深く、思い出を語ればキリがありません。

それでもまだ一週間が待ち遠しくて、次の約束が決まるまで落ち着かない。
でね…逢ったら逢ったで、少しも先生の傍を離れようとしない。
いつもどこかに触れていないと迷子の子供のように寂しげな顔になってしまいます。

えへへ、ホントしつこい女だと思いますが…、
最近わかったことだけれど、しつこい女になれるのも相手次第だということですよね(笑)

でね…もう一つわかったことがあります。

なぜ先生の傍にいると自由を感じるか?と言えばね…
先生と一緒に居る時間は、携帯電話を気にしなくて済むことに気がつきました。

先生…すぐ返信しないと怒る。
自分が出れない分にはお澄まし顔なのに、私が出ないと怒る怒る。

ちなみに何かあったのではないか?と心配するから怒るそうですが、短気も短気だからね、一分が一時間に感じるみたいです。

だけどね…怒られるのが嬉しいと感じてしまうのも愛でしょうかねぇ~?

まあね、昔から馬鹿につける薬はないという様に、長年の調教の末、感性がずれてしまった場合、どんな表現であっても構われることを嬉しいと感じてしまう。

う~ん、だからかなぁ~。
先生も私がとんでもない所で待ち伏せしていたり、突然、家に押しかけてもあまり驚かない、むしろ来て当然だと言うことが多い。

はあ~先生もかわいそうに10年近く一緒にいるうちに、少しずつ一般感性からズレずれてしまったのかもしれませんが、その分、二人の距離は近づいたのだから素敵なことじゃないのかなぁ~(^_-)-☆

sanさんのグズグズわかりますよ。
でも若い頃とは違って、環境や条件だけで好きな人のことを嫌いにはなれないでしょ!?
最近ね…ただ好きだから傍にいたいでいいんじゃないのかなぁ~と思っています。
美月

私のお気に入りブログ
『妄想の座敷牢 紅殻格子の世界』 物心ある大人だけの官能世界です。

↓気持ちを綴る励みになります↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 人生最後の恋 
FC2大人の恋愛 
人気ブログランキング 不倫愛

別窓 |  今ある心のままに… | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<あなたがいて私がいる | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 副作用にも負けず>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。