FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
女のたわごと
毎日、決まった時間になると、長年親しんだ習慣を恋しく想う。

朝の挨拶、帰りの報告、急な天候不良や突然の天災。

現代社会ならではのコミュニケーションアイテムを使いながら、それでも気持ちは古典的で相手の無事を祈るものが多かった。

好きな人には、いつも元気でいてもらいたいと想う。

一年に一度、人間ドックを受ける先生の身を案じてきた。

最初の年は、人間ドックの結果報告もしないまま、聖路加病院の鐘の音に感動したまま自宅に帰ってしまった先生に腹が立ったなぁ~(^^ゞ

朝から心配して待っているのに、この薄情者~ってね(^^♪

「好きだから心配になるの!」と女が言うと、「余計なお世話だ」と男は想うかもしれないけれど、でもね、女の愛はエコヒイキばりばりだからね。

誰にでも優しくなりたいと思いながら、愛する人には「貴方だけは特別です」と態度で示したくなる。

裏腹の心でありながら、恋することで愛とは何かを見つけようとする。

だけど、あまりに露骨に好きオーラを出すと恥ずかしいから、ちょっぴり澄まして接するけれど、瞳の奥の輝きを受け止めて欲しい人は、愛する人だけでいいと断言できる。

まあね、相手の身を案じることは、幾ら怒っても、それでも「何もなくてよかった~」と後になってゆっくり思うんだけどね。

男の人は女心の不可思議を知らないから、待っている時間がどれほど長いのか検討もつかないでしょ。

でもね、女が小さなことでプーっと怒ってしまうのは、時計なんて何の役にも立たないくらい寝ても冷めても恋と生きているからなのよ。

一時間が一日、一日が一ヶ月…。

そんな思いで次に逢える日を数えているのだから、逢えない時間がどれほど長く切ないか…、

男の耳には届かない女の戯言(たわごと)も、寝物語なら一人芝居も楽しいのにね…。

美月
別窓 |  今ある心のままに… | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
<<先生に逢いに行きました(*^^)v | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 蝉の声>>
この記事のコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-07-27 Sat 20:10 | | #[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-07-27 Sat 10:09 | | #[ 内容変更]
あはは…(^^;;
やったね!師匠!(^^)

先生のお呼びが掛かったね。
人の縁って、そう簡単に切れるものじゃないんだね。*\(^o^)/*

なんて思ったりするけど…
俺たちみたいに、切れる時は簡単に切れてしまう時もあるんだよね…

突然音信不通になるのは正直辛いね…
せめて喧嘩の一つでもして、嫌いになってお別れしたかったな…

思い出はいつか綺麗なものだけ鮮明に残るのだから、最初から綺麗なまま残される方がキツイよね…

でも良かった。師匠達の未来は今は不透明だけど、それは二人で作っていけるもんね。(^^)

あ〜あ…今夜は一人寂しく降り出した雨に打たれながら…「いっそセレナーデ」を口ずさもうか…

人を愛した記憶は甘く切なくて…
胸の奥で何度も磨かれてはその輝きを増して行くんだね…

俺はその記憶を胸に秘めて、また人を愛したいと思う様になった…失う事を恐れずに…
また歩き出そう。

俺はずっと師匠の味方だからね。
ん。取り敢えず良かったです。p(^_^)q

熱いひと時をお過ごし下さいな。(笑)









2013-07-27 Sat 02:02 | URL | ロザリー #-[ 内容変更]
ありがとう
先生、声をかけてくれてありがとう。

読んでくれているとは思わなかったから、
ちょっぴり恥ずかしい。

もっと凛とした文章を書けばよかった。

でも、先生が元気でいてくれて嬉しい。

また出会えて、本当に嬉しい。

先生、ありがとう、我慢した分、泣けちゃいます(≧∇≦)
2013-07-27 Sat 01:52 | URL | 先生へ…美月より #-[ 内容変更]
ふ~ん・・・
いい加減にしろ。
早く帰って来い。
今日は暇なんだ。
2013-07-27 Sat 00:04 | URL | 先生 #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。