FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
お盆休みも近くなると…
子供の頃の夏休みを思い出す。

家は商売をしていたので(靴屋ね…)、休みはお盆と正月しかなかった。

今、思えば…なぜ?休みがなかったのだろうと不思議に思うけれど、商店街の店の殆どが休まず働いていた。

それが普通だった。

だから、サラリーマンの家庭が羨ましくてね…、休日はどうやって過ごしているのだろうと羨ましく思っていたけれど、サラリーマン家庭のお客さんに聞くと、実は平日より苦痛だと言っていた。

毎朝、会社に出かけるご主人を無事送り出す生活が基本の形だからかなぁ~。
日曜日は変動型になる分、居心地が悪くなるのかもしれないよね。

その点、商売人の家庭は、四六時中一緒にいるから喧嘩もするけれど、仕事、生活と会話に事欠かない分、仲良しだった。

…というより相手の存在を意識しなくても、いつも一緒にいるのが当然だから嫌がる理由もないんだけどね。

これが私のもっとも望んでいた人間関係なんだけど、簡単そうで難しいんだよね。

先生と出会えただけでも嬉しい偶然だけど、一緒にいることに違和感を感じたことは一回もなかった。

まだ出会ったばかりの頃、見つめ合って会話するのが恥ずかしくて、どちらかが斜め目線でいた時も、一緒にいることがとても自然な形のように感じた。

きゃぁ~、出会った頃のことを思い出すと照れちゃうなぁ~。

えへへ、頭が可笑しな人だと思うだろうけれど(いつも先生に言われています)、でもね、何時間一緒にいても疲れない人は先生が始めてです。

自分でいうのも変ですが、よっぽど先生のことがお気に入りなんだろうなぁ~(笑)

私の人生で自慢できることって本当に少ないんだよね。

特別、不幸ではないよ、でも自信を持っていえることって、「私は夏が好きです!」くらいのものだもん(^^ゞ

夏が来るとね、毎年、そう思ってきた。

だけど先生に出会ってからは、一緒に夏を迎えられることが嬉しくて、今年の分の先生の年をゆっくり数えてみる。

そして、いつまでも先生の誕生日を祝いたいと願う。

特別なお祝いごとは何一つしたことがないけれど、いつものように焼酎の水割りで乾杯できればそれが一番幸せなことじゃないかなぁ~と思ってる。
美月

追伸…今夜は子供の頃の夏休みの思い出を書くつもりだったけど、結局、先生オンリーになってしまいました。
どれだけ先生ずきなんだろうねっ(*^^)v

別窓 |  今ある心のままに… | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<先生に逢いに行きました | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 先生に逢いにいきました>>
この記事のコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-08-10 Sat 20:09 | | #[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。