FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
いつまでも…
「いつまでも…」

この言葉を使って言いたいことはいっぱいある。

いつまでも先生の傍にいたい…を筆頭に、いつまでも元気でいたい、若くありたいなどね(*^^)v

だけど、いつまでも…って、一体いつまでなんだろうね(笑)

灰になるまで…そう答えるしかないけれど、でもいつまでも…を付けたいことは、今の自分が幸せだったり、喜ばしかったり、とにかくハッピーなことに付けるよね。

もちろん不幸を長続きさせたいと願う人はいないと思うけれど、でもね、私、先生と出会ってから、いつまでも…と言うようになった。

それまでは、いつまでも…という場合、「いつまでもお元気でいてくださいね」と、対:相手に対してお願いすることはあって、自分のことを含めた話に使ったことはなかった。

今の自分が継続されることを心から望めるのも、先生がいるからだなぁ~(^^♪

最近の私のいつまでも…は、赤いスカイラインが似合う女でいること。

赤いスカイラインは、先生が最後の車だと言ったから、軽く見積もっても20年は乗せてもらうことになるでしょ。

だからね…70歳になっても、いい女でいないと先生に恥ずかしい思いをさせてしまうでしょ。

おばあさんには似合わないなんて言わせない。

かっこいいおばあさん目指すには、知的好奇心を最大限に発揮しなくちゃね。

古いものには感謝をし、新しいものには刺激を頂いて、いつまでも…先生と一緒にいたいと思っています。
美月
別窓 |  今ある心のままに… | コメント:3 | トラックバック:1 | top↑
<<今夜は満月 | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 先生に逢いに行きました>>
この記事のコメント
こんにちは。美月さん

初めまして…先生。
時々、素敵な美月さんにコメントを送らせて貰っています。 (ちょっと公言できる恋愛では無いので、いつも閲覧は管理者のみですが。)

先生が好きで堪らない美月さんですから…☆

どんな方だろう…?いつもブログに綴られている「先生」が気になり、美月さんに教えてくださいとお願いしていました(笑)

ご本人のコメントが届くなんて…。
ご病気から立ち直る為に、美月さんの力があった、彼女のお陰で生きる勇気と気力を取り戻しつつある、いつまでも…彼女が必要だとおっしゃっているのですね☆
しかしながら、ご自分の体調と家族のある彼女のことを考え、敢えてゴールは設定しなくてもいい…これからも一緒に過ごすことが出来るなら…それで良いからと。

そんな風に解釈させて頂きました…

ご病気になると、自分に関わる人々のことを色々と考えるものだそうです。 
先生は、懸命に、前向きに生きられる…とても素敵なことですね。お二人の関係がしっかりとしているからですね。

今日は、定期的な検査の為にお休みを頂いていました。私も手術をすすめられていますが、中々決断出来ないのです。本当は手術を受ける方がリスクが少ないのですが。

美月さんのブログにお邪魔して…大変失礼いたしました。 これからも素敵なお二人でありますように。 お身体を大切にされてください。  
2013-09-17 Tue 15:01 | URL | myumyu #17ClnxRY[ 内容変更]
いつまでも・・・か。
若い頃、人は誰も自分が死ぬとは想像もしない・・・否、想像はできるけど真剣に考えようとはしないでしょうね。
私もそうでした。
昨年食道癌を患って、「あ、もしかすると死ぬかもしれないな」と、初めて自分が死ぬであろう現実に直面したわけです。
でも、強がりではないけど、私はそれが当たり前のように感じられました。
別に宗教家ではありませんが、「それもいいんじゃないの」と死を受け入れていたのですね。
もちろんその一カ月前に妻を癌で失っており、五十歳を過ぎての人生に希望がなかったのかもしれません。
今もそれは変わらないと思います。
ただ会社と家事に追われて、小説を書く時間も・・いや、書く希望すら見いだせないでいるのです。
読んでいる方は、いつ美月が出てくるのかとやきもきしているでしょうね。
でもそんなに都合よく美月が生き甲斐になっているとは書けません。
だってそんな三文芝居などインチキですからね。
私は少しずつ人生を転換しているのだと思います。
真っ赤なスカイラインを乗りまわしたり、今まで興味もなかった服を買ったり、乗馬を始めたり・・・
物に頼って新しく生まれ変わろうとしてもがいているのだと思います。
でもとても一人では難しい。やる気も勇気もない。
それを助けてくれているのが美月なのです。
いつも傍で勇気づけてくれるのが美月なのです。
いつかはハッピーエンドの物語になるのでしょうか?
いえ、そんな破れかけた証文はいらない。
このまま、いつまでも二人でいられることが幸せなのですから、何もゴールをつくらなくてもいいのだと思います。
結婚がゴールなんて考えるのは怠け者ですよ。
漫然と生きていることに胡坐をかかず、一日一日を大切にしていくこと、それがいつまでもということだと私は信じています。
2013-09-16 Mon 23:31 | URL | 先生 #-[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-09-15 Sun 19:47 | | #[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
-
管理人の承認後に表示されます…
2013-09-20 Fri 19:13
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。