FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
先生に逢いに行きました
小春日和の昨日、先生と都内をお散歩してきました。

遠出も楽しいけれど、都会は人との出逢いが面白い。
本当に色々な人がいるけれど、ジャンル分けをした際、納まりの悪い人の数が増えてきたように思います。

上野で待ち合わせ、大塚から巣鴨へ…。
温和な陽だまりに身を任せ、色付く景色をなぞりながら、二人仲良く晩秋を楽しむことができました。

それもお昼ご飯に立ち寄った中華料理店の「おもてなし」に感動をもらったからかもしれません。

庶民値段でありながら、久しぶりに美味しい料理に出会えて嬉しかったなぁ。

それからお店で働く中国人(台湾人)の女性の明るく懐かしい接客に、子供の頃の近所の中華料理屋さんの風景を思い出し、懐かしい気持ちになりました。

今と違ってよほどの事が無い限り知らない町で食事をすることがなかった頃は、たまに行く近所の中華料理屋さんであっても、外で食事をすることがとても新鮮に感じられた。

外食は、普段、会話の少ない忙しい家庭の食卓とは違って、テレビのチャンネルが自由になら無い分、ちゃんと顔ちゃんと見て会話ができるから好きだった。

いつもなら聞いてもらえないようなくだらない話も、時間のゆとりが笑い話に変えてくれる。

それぞれのテーブルに花が咲き、店の人も周りに座る客も、みんな知り合いばかりなのだから、投げた言葉がポンポン飛び交う店内は自然と活気だって五月蝿くなってくる。

辺りが騒がしくなれば、それぞれのテーブルのトーンも釣られて高くなり、賑わいは増す一方だった。

たまに同級生に出くわすこともあった。

毎日、学校で会っているのに、場所が違うとお互いになんとなく気まずくて…、まして相手が男の子だったりすると、弟達の手前、声をかけるのが恥ずかしかった。

今思うと、私もかわいい時があったんだね(*^^)v

それにしても海老とイカのプリプリ春巻きは最高に美味しかったなぁ~。

先生が春巻きのおかわりを頼んだ。
美味しそうに熱々の春巻きを頬張る先生を見ていたら、なんだかとっても嬉しくなった。

人は美味しいものを食べると、ほっぺたと胃袋が柔らかくなるんだね。
お腹いっぱいになると幸せな気持ちになる。
楽しい会話と美味しい料理、食卓を囲むというのは、こうあるべきだよね。

たっぷり腹ごしらえした後、近くにあった天祖神社に立ち寄りました。

御神体は鏡でした。
本殿の扉が閉まっている神社が多いですが、天祖神社は鏡越しに自分の姿が映る珍しい神社でした。

一般的には、鏡は自身の心を映すとするのでしょうか…。
でも、私…鏡に映った自分を見た時に、願いは自分自身で叶えるものであると神のお告げを感じました。

あっ、だけどね…鏡に映ったのは先生と私の二人です。
うん、そうか…、私の願いは先生に出会えた時に叶っていたのですね(^_-)-☆

幼い頃、鏡の中のもう一人の私と会話をしてきましたが、いつしか鏡に映る自分も自分であることを知ると、鏡に尋ねることは少なくなりました。

その後、鏡の代わりを務めてくれているのが月です。

多分、他人こそが自分の鏡なのでしょうね。

鏡は、私の姿形を写すけれど、他人は私の在り方を映してくれる。

私が気に触ることをすれば、相手の顔は曇ります。

だから、私は先生が笑っていると何より幸せな気分になるのでしょうね…(^_-)-☆

巣鴨の商店街を反対側から参入した形になるのでしょうか…以前、巣鴨駅から入った道とは逆に巣鴨のとげ抜き地蔵はありました。

えへへ、可笑しな説明の仕方だと思われるでしょうけれど、私は極度の方向音痴な為、一度通った景色であっても反対の方向から見るとまるで違う景色に映ってしまいます。

…なので、知らない町に行くと大変です。

地方に行くと私は可愛い女になります。

「先生、私を置いて行かないでね…」と街に出る前からお願いしておきます(笑)

絶対に悪い子になりません。
普段は少々小生意気であっても?、知らない町では先生の言うことをちゃんと聞きます。

だって出先で先生と喧嘩でもしたら、絶対にホテルには戻れないもん。
後ろを振返りながら必死に道を覚えるつもりで歩くのですが、一、二度、角を曲がるともうわからない…(^^ゞ 

だから、先生の腕をいつも以上にしっかりと掴んで歩きます。
地方に行くと、不本意ながら私は可愛い女になりますが、先生はとっても楽しそうなのでそれもいいかなぁ~と思っています(*^_^*)

刺抜き地蔵では、お地蔵さんにお水をかける人達の長い列が出来ていました。

これから季節、水をばしゃばしゃかけられるお地蔵さんの心情を察するとちょっぴり気の毒になりました。

頑張れ!お地蔵さん…(*^^)v

そして巣鴨からホームタウン上野へ…

アメ横商店街は師走の買出しさながら大変込み合っていました。
今年も残すところ後一ヶ月…、時の経つのは本当に早いものですね。

…と、ここで勝手に一年を締めくくると残り一ヶ月を大切に思っていないと先生が怒るだろうから(笑)、晦日まで持ち越しにしましょうね。
美月
別窓 |  今ある心のままに… | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<取りとめも無いこと | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 時を重ねるごとに…>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。