FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
先生に逢いたい
毎日、先生からもらったメールを読んで過ごしてます。

月が綺麗な夜も「月が綺麗だね!」と言えない寂しさにどうすることもできなくて、過去に縋って生きています。

遠い時間の中から、先生がメールについて書いてくれた文章を見つけました。

「このメールは交換日記として保存しておこうよ…」

二人の宝物ができたことが嬉しくて、何度、メールに励まされたことでしょう。

過去に笑い、過去に泣く…現実逃避しながら思い出の中に留まっているなんて、馬鹿だと思うでしょう。 

でも愚かなことだと知りながら、それでも先生の傍にいたいと思ってしまう。

今まで何をするにも先生の言葉を頼りに生きてきたから、メールを福音書にすることで心を宥めることしか考えられないのです。

でも、月日の経つのは残酷な気がして、先生の匂い、肌の温もり、何気ない会話、大切に記憶されている宝物が、知らず知らずのうちに薄れてしまうのではないか?と思うと怖くてたまらない。

先生の記憶の中からも、私は少しずつ消えていくのでしょうね。

私の行動によって、今があることはわかっています。

許されたいと願う心と、許されるべきではないと思う心が秒毎に交差しながら、それでも二人で過ごした時間の記憶だけは、灰になるその瞬間まで残しておきたいと思っています。

先生に逢いたい…美月
別窓 |   出戻り | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<夢で逢えたら… | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | 出戻りました…美月>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 灰になるまで恋を・・・FOREVER |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。