FC2ブログ
美容整形
不倫であっても愛することに変わりなく、愛することで満たされたい。 心が生きると書いて性となるなら、淫らさもまた愛の証だと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
理由なきお宝
先生に逢えない時間は、ずっと先生に逢いたいと思ってる。
本当はすぐにでも会いに行きたいと思うし、背中に翼が生えたらいいのになぁ~と、本気で夢のようなことを考えたりもする。
恋する女が夢見る少女と化すというのは、本当かもねっ(*^^)v

だから先生に逢える日は、いつもテンション上げ上げに浮かれてしまって、電車の中で1人ニヤけてる…と思う(笑)

いつも傍にいたいよ…わがままなんかじゃないよ…本音だよっ(^_-)-☆
でも現実的には限りある逢瀬の時間だからこそ、一分一秒でも傍にいられる日を選択したいんだよね。 

先生に逢いたいのは、逢えない寂しさが辛いからじゃない。
それにね、何かから逃れたいからでもないし、先生に依存してるからという訳でもない。

ただ磁石のように、先生の元に引き寄せられてしまう心に純粋に従いたいと思うだけ・・・。
この思いに理由はなく、どこか自然界の法則にも似ているような気がする。

あれれっ! ちょっぴり大袈裟かなぁ?
ううん…こんなのまだまだ序の口で、本気で本音を語ったら、きっと病気送りにされてしまうだろうと思う(*^_^*)

あのね、先生の肌に触れていると心が満ちてきてね、「幸せ」ってこんな時に使う言葉なんだなぁ~と思えてくるんだよ。 
でも淫らな肉体は快楽に溺れてしまって、「先生、私、幸せ…」とは言えず、「あ~ん、気持ちいいのぉ~」になっているかなぁ(^^ゞ

時折の逢瀬の帰り道「先生の傍は楽しいよ」と言ったら、「お前は同じことを何年言っていても飽きないんだなぁ~」 と、毎回、呆れ顔の先生だけど(汗)、でもね「逢えて嬉しい!」と言うのは、いつも今日、この時の分だから、台詞回しに飽きはこない。

だってね、先生は私の大好きな白ご飯とおでんの玉子と一緒だから……。
どんなに食べても飽きることのない、理由無きお宝だからね。
美 月 (^_-)-☆ 

FC2 おとなの純愛  恋愛ブログ 人生最後の恋愛 
いつも応援ありがとうございます(*^_^*)

別窓 |  今ある心のままに… | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
本気の恋をするのなら…
本気で恋することって、結婚するより難しいことかもしれないと、最近思う。
結婚は条件主義のところがあるけれど、恋に妥協できるほど心を粗末にできないからね。

恋愛のゴールが結婚ですか?
と言えば…今の時代、そう考える人が以前に比べて少なくなったかもしれないよね。

結婚に妥協はあると思う。でもそれ以上の社会的保証もあると思う。
でも妥協した内容を十分納得できないまま結婚生活を始めてしまえば、いずれ地割れしても仕方ないよね。

結婚したいと思いながら、なかなか婚期に恵まれない人は、なぜ?結婚できないか?考えるでしょ!?

相手の年収、外見など…己を弁えれば、高望みではないか?と思ったりするかもしれないし、多少、相手が描いていた理想像とは違っていても、社会、親、第三者からの眼で見た評価で考えてみたり、女性は子供を産むタイミングと年齢を照らし合わせて婚期設定するかもしれない。

でね、多少の不満足があっても、取りあえず結婚しておけば老後の心配も軽くなるだろうと思ったり、今は良いとしても身動きできなくなってから、理想の恋を成就できる可能性は低いと思うものかもしれないよね。

でもね、人生なんてものは、いつどんでん返しがあるかわからない。
だから面白いんだけれど、でも年収目当てで結婚した人の中には、時代の不協和音に流されてシンデレラの逆バージョン人生もあるから、いつでも掃除婦さんになれるよう、常日頃から汚いものに触れる習慣も必要だと思う。

それにね孤独死を恐れたりするけれど、独りだから孤独という訳ではなく、夫や妻が居たって元々死は孤独になるように出来ているんだよね。 
孤独死が不幸なのではなく、たとえ家族という枠組みの中に存在していたとしても、孤独感を感じながら生きている方が辛いよね。

でもずっと独り暮らしをしてきた人より、家族と住んでいる人の方が悲しみが深いのではないか?と感じる時は、とても切ない気持ちになる。

あっ!話がずれちゃったね、ごめんなさいm(__)m

結婚すれば三大幸福(愛、性、繁殖)が自動的に全て手に入ると思っている人は、自分勝手に描いた未来予想(老後の生活、寿命)から全てを逆算方式で算出した結果、結婚に踏み切るにあたり多少の妥協があっても適齢期に出会った人を運命と名付け、今、結婚しておくべきが妥当だと考えてしまうものかもしれない。

きゃあ~辛口だよね!誰かに石投げられちゃいそう(^_^;)
……なぁ~んてね、でもこんなこと…本当は書きたくなかった。
でも結果として書かざる終えない今があるのだから、やっぱり気付いたことは書くべきだと思う(*^_^*)

そうなると、本気の恋は結婚する以上に難しいのではないか?と私は言いたい!
結婚というゴールを持たない恋愛に、妥協はないと思うようになったからね。

でも最近、再びの乙女心が現れる時がある。
精神的繋がりをメインに愛することしか与えられない恋だからこそ、愛することだけに真剣になれる気がしてる。

だからとことん相手を知ろうとするし、一つでも多く共有できるものを作ろうと考える。
でも私の考えはいつも浅はからしいので、その殆どを先生が考えてくれているのが現状です(汗)

でもね、私にも声を大にして言えることがあるよ。
その一つに愛することで満たされる性は、何ものにも替え難い宝物だって思ってること(*^^)v

二人で築いた共有財産を宝として、精神的豊かさを求める人生を考えたら、やっぱり大人の恋に妥協はない。
だからね、時には喧嘩もするよね…、真剣だから大喧嘩になることもあるんじゃないのかな?

結婚生活で大喧嘩できるのは、まだまだ相手の存在を空気として見れていないのかもしれないよ。
喧嘩するのは嫌だろうけれど、でもね、理解してもらおうと思う意識があるから喧嘩をするのだろうし、何を言っても価値観の違いだと感じてしまえば、あえて大声を張り上げる必要もないと思う。

「願わくば穏便に…」が結婚の最大の理想だよね(*^_^*)

でも本気の恋ばかりが、大人の恋愛でない場合もあるんだろうね。
独りより誰かがいてくれた方が楽しいだろうと思ったり、多少付き合うメリットがあれば打算的な本気でない恋を選んでしまう人もいるかもしれないと思う。

セックスフレンド的恋愛があっても良いと思うんだよ。
お互いの理解の上で成り立つSEXなら虚しさも残らないと思うし、それにね、なんといってもフレンドだから愛人を抱えるほど重く圧し掛かったりはしないだろうしね。

どんな恋愛関係であっても本人が納得したものであれば否定はできないけれど、でもね、自分が望むものが何か?ちゃんとわからないと、道に迷うだけ迷って疲れだけを残す恋で終ってしまうような気がする。

愛することに疲れてしまうのは悲しいことだよね。
でも相手のことを愛することが生き甲斐だと思えるほど恋に命捧げられたら、他者から相対的に見た幸福観は不幸そうであっても、本人にとってみたらとても幸せな人生だと思う。

さて…あなたが愛する人に望むものはなんですか?
結婚という保証制度、寂しさを紛らわす黄昏恋、それとも人生かけた本心の恋…。

今回、多くの犠牲者を出した震災を目にして一番強く感じたことは、生と死を身近に意識することだった。
そして誰もが予期せぬ出来事でありながら、そこにも愛と絆の別れ道があったのではないか?と思った。

震災後、結婚するカップルが増えたらしいし、その反面、別れを迎えたカップルも多くいたと、何かに書いてあったし、誰かに聞いた。

確かに災害という試練に遭遇したことで愛を試された人もいただろうし、自分にとって大切な人のこと、人生の価値観が明らかになった人も沢山いるだろうと思う。

被災された方には大変申し訳ないと思いながら、それでも私は何より真っ先に先生と離れたくないと思った。
どんなに自然界の力が偉大だとしても、それでも最後まで心離れず先生の傍にいたいと思った。

二人で逃げたいとも思った。

「どこに逃げても同じ…だから逃げてはいけない」と先生はきっと言うだろうと思った。
私の思うとおり、先生は同じ台詞を口にした。
確かにどこに逃げたとしても微小な延命措置に過ぎないかもしれない。

でも「おぎゃあ~」とこの世に生まれた時から、生き物全てに与えられた宿命が延命ではないか?と常日頃から感じている私にとって、たとえ一日であっても先生と過ごせる時間を増やせることに、何より懸命でありたいと思った。

もちろん非難されるべき生き方だと思う…我侭な生き方であるとも思う。
でもね、愛する人達を置いていこうと思った訳ではないんだよ。

先生の愛する人達、私の愛する者…みんな連れて行きたいと思った。
逃げるのではなく、行くのだと…私は思ったからね。
でもね、かなり悲しいことに、当面みんなに安心してご飯を食べさせてあげられるほどの財力が私にはなかった(^^ゞ

私は幼い頃、豊かな暮らしの中で育った訳ではないから、お金がなくても生きていけると思っているけれど、物の豊かさの中で平然と生きてきた者達にとっての延命方法は、この場で生き残る道を選択するだろうと思う。

それにね、先生は気難しい人だけど、それ以上に心優しい人だから、決して愛する人達を不幸にしない人だと思ってるよ。それは人間だけに限らず飼っている犬も猫も薔薇も、先生にとって大切な家族だから置いていかないとわかっている。

不倫であることを承知の上でこの恋を選んだのは私だからね…、私が置いていかれても悲しいとは思えないし、思いたくもない。
もちろん先生と離れてしまう寂しさは強く感じるだろうけれど、でも先生を深く知れば、長年愛してきた人達を大切に思うのは当然だと思うし、私はそんな先生が大好きだから、好きな人の生き方に寄り添っていきたいと思う。

だからってね、何もしない訳じゃないよ!!!
静けさは私には似合わないと先生は思っているだろうから、私にも作れる幸福への架け橋って何かな?って考える。

与えられた時間に有効期限があったとしても、その何倍も豊かな時を創ろうと思う。
同じ一分であっても密度の濃い時間になるよう無い知恵絞って考えるよ。
それが私の生き方だからね…(*^_^*)
美月
FC2 おとなの純愛   恋愛ブログ 人生最後の恋愛 
いつも応援ありがとうございます(*^_^*)

別窓 |  今ある心のままに… | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
単純な恋だから…
さっきまで、こんな時間の使い方っていいのかな?と思ってた。
今頃、先生も忙しく仕事してると思って、ちょっとだけ静かにしてたけれど…。

塀の上で仲良くじゃれてる猫を見てたら、私が猫なら先生の邪魔しても「猫だから仕方ない」と思ってもらって、オマケに喉までゴロゴロ鳴らしてもらえるかもしれないと思ったら不公平だと思ったよ(^_^;)

猫に恨みはないけれど、「ふんっ!」ってしちゃった。

でも相手は二匹だから、ピクリとも怯まない。
益々仲睦まじく見せ付けプレイで攻撃してくる。

その時、先生から返信が来た。

「明日は逢えるか?」

私のメール内容に一切触れない1行分だったけど、元々独りごと程度の取り留めのないメールだからいいんだけどね。
まあ私の話を100聞けば煩いけれど、50にすれば耐えられるらしいよ(笑)

先生にすぐに逢えると返信した。
キーを打つ指先の速さは、高校生レベルまでアップするんだから、潜在能力は未知数だね。

あれれ?さっきまで、あんなに小憎たらしい二人猫が、ファンシーな猫ちゃんズに見えるじゃない(^w^)

「お前たち、かわいいよ!」とまで言っちゃった。

猫……(・_・)エッ..?
とっても迷惑そうな目で私を観てたけど、恋する女の移り気だから許してね。

あぁ~明日先生に逢えると思うだけで、ハート模様が大きく書ける。
単純な恋だから、「嬉しい」は楽しいでいいよねっ(^_^)v
美月
いつも応援ありがとうございます(*^_^*) 
FC2 おとなの純愛   恋愛ブログ 人生最後の恋愛 
人気ブログランキング 不倫恋愛  

別窓 |  今ある心のままに… | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
恋愛中とは愛しい人のマニアであること
先生と私が初めて会ったのは、先生の会社の支社の前にあるバス停だった。

本当は支社の最寄り駅で待ち合わせしたけれど、人通りのある駅前で「はじめまして」と緊張しながら挨拶するのもどうかな?と思い(←得意の勝手な思い込みだけどね…)先生に内緒でゲリラ的お迎えを強行しました。

先生が支社から出てくるところを見計いながら待機。
先生が出てきたと同時にバス停前に車を横付けし、無事先生をお迎えすることができました。

ちなみに先生はこの時の状況を「拉致された!!!」と訴え続けていますが…あくまでもウエルカムサービスです(^w^)

今思うと、とっても怖ぁ~い女だよね(笑)
えへへ!でもこんなの恐怖の助長に過ぎず、先生の受難はまだまだ続きます。

昨日、私達の記念すべき出会いのバス停前を通過した時に、このバス停に纏わる出来事をもう一つ思い出した。

先生が会社の上役さんと支社に訪れた時のこと、私は先生達を乗せたタクシーより先周りして支社に着き、先生を出迎えたことがあります…(^_^)v

鳩が豆鉄砲くらった顔した先生を横目に、涼しい顔して皆さんの前を通り過ぎちゃった(*^^)v

それにしても先生って凄い人だと思った。
支社に入ってすぐ「馬鹿者!!!」とメールしてきてくれたもん!

ご一緒の上役さんを蔑ろにして自分勝手な自由行動が取れるんだから、この時、先生ってやるな~と思っちゃった。
その後「お前ならやると思ったよ」と平然と言えるんだから、こんなお茶目な人、他にいないよね。

人生楽あり苦ありとするけれど、楽を楽日とできる人は少なく、楽チン人生をベストとする人が殆どかもしれない。

先生はね、苦しても『生きる』を楽しむ才腕を持ち合わせた人だと思ってる。
でね!何か感じれば、すぐ先生に話したくなる私だから、この思い出話を先生にメールした。

先生の返信は「思い出話をするのは、年を取った証拠だろう?」と返ってきた。
先生らしいと言えばらしいけど…(^_^;)

昔や今、そして未来を時間の概念で区切ったりするのは好きじゃない。
先生に出会ってから、そう思うようになった。
だからね、未来を捨て古びた記憶を探りながらの思い出語りとは違うんだよ。

私はどんな小さな出来事も、先生とのことを忘れたくない。

過去の恋愛歴も先生とのことしか浮かばないし、これから先、未来に出会う素敵な男性も先生であって欲しいと思う。

私は過去も未来も色んな先生に出会い、恋に生きていると言ったら大袈裟かな(*^^)v
でも恋に狂った女には、歴史を塗り変えてしまう力があるんだよ。

今までどんな男と恋愛してきたのか?・・・男性なら知りたいかもしれないね。
でもね、正直言えば、女ってね、新たな恋に出会うと過去に未練などないと私は思う。

過去の恋愛を回想しながら今を生きる器用さを狂女は持ち合わせていないから、恋しい男まっしぐらになって当然でしょ???

きっと今より過去を大切に思える女性は、見かけは女、中身は男かもしれないよね。
男性は、初恋が忘れられないものでしょ(^^ゞ

だからと言って恋愛を美化しようとしているのではなく、恋には麻薬以上の毒性があると思うし、時に生命の危険を伴うこともある。
それでも理性だけでは、どうしても抑えられない感動は「恋の魔力」だと思うけどね。

出会って間もない頃、恋にのめり込む私を心配した先生が、「お前も老後の為に、俺以外の趣味を見つけた方がいいぞ」とアドバイスしてくれたことがあった。

先生は独り寂しい私の老後を心配してくれたのかもしれないけれど、ちょこっと捻くれた。

なぜ?先生は他に趣味を持つことを強要するのだろうってね。
きっと未来の私の存在が、先生を苦しめることになることを予想してのことかな?と思ったら寂しくなった。

先生を苦しめる為に今があると思いたくなかった。
でも先生以外の趣味は、何一つ見つからなかった。

趣味もね…マニアクラスになるとどんどん奥深くなってしまって、多くの趣を嗜む時間がなくなるよね。
確かにあれもこれもと趣味を持っている人は、話題に事欠かないかもしれないけれど、私はどうせやるなら匠レベルまで達したいと思う。

堂々と「先生マニアです」と恥ずかしげもなく言えるようになりたいと思うし、独りの人をじっくりと観察する研究者がいても良いでしょ!?

と思えるのも、先生ってね、知れば知るほど興味深いし、噛めば噛むほど味が出るからかな~。
まったく持って摩訶不思議な生き物に出会った感動を、私はこの場で伝えたいのかもしれない(笑)

私は先生がいるだけで嬉しくなる。

このメカニズムだって、七年経過した今もわからない。

なぜ?先生が好きなのか?
どうして先生でなくてはいけないのか?

それさえ月日を重ねるほど、わからなくなってくる。
好きに理由がないのだから嫌いになれることはなく、一生、未回答のまま終ってしまうのかもね。

でね「わからないことは俺に聞け!」という先生に尋ねてみるけれど、先生ほど頭の良い人にもわからないことがあるらしいよ。
先生にもわからないことが…、私にわかるはずないよね(^_^;)

恋の賞味期限は2~3年だと言われているけれど、それでは私が『恋路』と確信してるこの世界、一体どんな世界なんだろうね???
美月
FC2 おとなの純愛  恋愛ブログ 人生最後の恋愛 
いつも応援ありがとうございます(*^_^*)

別窓 |  今ある心のままに… | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
健康診断に行きました
先月、急に思い立って、基本検診&その他もろもろ健康診断を受けてみた。
少しでも長い時間、先生の傍にいたいから健康であり続けたいと願う。

・・・は、勿論原則としてあるけれど、今回の動機は実に単純なもので、真夜中のテレビを見ていて無性に健康食品が買いたくなる衝動をどう抑えるか?がテーマだった。 

通販番組を観ていると、健康と名が付くものを買った方が良いような気になる。
でも何を買っていいのか?(どのCMにも魅了されてしまうし…)
では…何が自分にとって必要か?…それがわからないと買えないと思った。

確かに『健康体』を買うと思えば、どれもそれほど高くない。
だけどね、ただパクパク食べて(飲んで)しまうには、少々高いような気がしてしまう。

と言うことなら、まず自分に何が足りないか?調べてから買っても遅くないような気がして、あれこれ検査することにした。
「それなら血液検査が一番だろうなぁ~」と思った時には、すでに病院の窓口にいる私です(*^^)v

結局、先生にも事後報告だった。
でも行く前から検査に行くと言うと、あれこれ心配をかけてはいけないと思ったし、少し前に40度近くの熱を出したこともあって、先生のことだから裏の裏まで想定して、私が不健康を隠していると思うかもしれないと思うかな?と思ったら言えなくなってしまった。

まあね、本当の動機は今暴露しちゃったけれど…(^_^;)
でも非日常を生きる二人だから、自分でできる日常範囲内のことは、先生に負担をかけたくないと思ってる。

先生には出会ってから数え切れない喜びを貰ったから、お返しは喜びでしたいんだよね。
私が居ることで先生に迷惑がかかることがあるなら、これほど悲しいことはないでしょ。
だからね、せめて自分の体くらいは、自分で守ろうと思うんだよ。

だけどね、自己感心するけれど、思い立った時のフットワークの速さは、ウサギ並み?ううんチーターくらいかな!
まあね、私は深く考えず思いのままを行動に移してしまうから、先生に叱られること多多多多あるけれど、でも考えてるだけだと面白くないことも、行動することで三つ四つおまけが付くことがあるから動いちゃう。

でね、今日、血液検査の結果を聞きに行った。
それが不思議なことに、どの検査結果も正常範囲だった。

肺は煙草を吸うのに39歳レベルだったし、偏食が多いのに血液に異常はなかった。
全て正常範囲となると「健康」と証明されるらしいけれど、じゃあ、ホントのところ健康ってこれでいいのか?と思った。

今、世間で命より大切なのが『健康』らしい。
それにしても過剰なほど健康ブームだと思う。
誰もが健康について語るのが好きで、共通の話題には持って来いかもしれない。
でもどこに行っても健康について聞かされると、健康ノイローゼになりそうになる。

ただ、どう考えても昔より食料が満ち溢れている今でありながら足りないものがあるとしたら、昔ながらの知恵じゃないのかなぁ~。

昔ながらの民間療法には良いものが沢山あって、それを伝えられるのは他でもない年配者だと思うけど、無償で企業宣伝して歩いてるのなら、「もっと教えて欲しい知恵があるのに…」と喉まで出かかるけれど、唾と一緒に飲みこんで我慢して聞いてる。

体ってね、ちゃんと聞けば、ちゃんと話してくれるんだよ。
あまり好まない食品でも無性に食べたくなる時があるし、私の体は弱ってくるとサインを出してくるので、そんな時は優しくしてあげることにしてる。

ビタミン類が不足すると目じりが赤くなってヒリヒリするし、歯茎が腫れてくるし、免疫力が低下すると口角ヘルペスが顔を出し「体がこわれそうですよ!」と教えてくれる。

あれこれとアレルギーも持っているから、体が危険を察知すると各部すぐ反応するし、肉体的、精神的的に過度にストレスがかかると蕁麻疹が出てきちゃう。
日光にも弱く、寒冷に脆く、それに物凄く怒るとね、牛柄模様の大きな蕁麻疹が体中にできたりする。

でもね、先生と出会ってから蕁麻疹が数えるほどしか出ないんだよ。
先生って私の処方箋みたいな人だから、きっと薬が切れたら元に戻ってしまうんだろうなぁ~。
ううん、あれから時は進んでいるのだから、元には戻らず浦島花子になるんだろうね。

元々女性特有の頭痛もないし、月経前症候群は眠り姫になるだけで、痛みを伴うものが少なくて助かってる。
更年期障害も多少はあるけれど、意識付けしなければ何もなく過ぎてしまう一日なのかもしれない。

えへへ!私は自分が可愛くて仕方のない女だから、なんでも自分びいきに考えちゃう。
幸せだから他者の幸福を願えるのでないか?と思うし、自己犠牲の上に成り立つ善行は、時に救いたい人を不幸にすることにもなるからね。

う~ん、あれこれ考え思うとね、病気を抱えているから不健康ということではなく、健やかに過ごせる日々を健康生活と言うのかも知れないね。

「院長先生、健康ってなんですか?」と聞いたら、先生も同じようなことを言ってた。
院長先生はとても太って見えるんだけど、「これは全部筋肉なんだよ」と言って力こぶを出して見せてくれた。
でも触ったらぶよぶよしてたけど、でもね「健康ってこの程度でいいんだぞ」と言った。

老若男女問わず、とても人気のある先生だから患者さんも多く常に忙しい院内なのに、患者の目の高さに合わせてわかりやすく教えてくれる。

私は偏屈者なので、たとえお医者様であっても信頼できる人の言うことしか受け入れられないから、院長先生に出会えて良かったと思う。
普段、健康な私にかかりつけ医といえる人が居なくて、ずっと信頼できるドクターを探してたけれど、探し物は求める心がある限り、いつか見つかるものだと改めて思った。

そして…今夜、今年初つの朝鮮朝顔が一つ艶やかに咲いてくれた。
夜に咲き朝に閉じる一夜限りの純白の大輪は、その儚さ以上に妖艶な美しさに魅了されてしまう。

強い毒性を持ちながら甘美な香りをあたり一面漂わせ、月に向かって咲く花に凛として生きる様を教えられる。
永らえることだけに執着するのではなく、どう咲くか?(生きる)を知るべきではないかとね。
美月
FC2 おとなの純愛  恋愛ブログ 人生最後の恋愛 
いつも応援ありがとうございます(*^_^*)

別窓 |  今ある心のままに… | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BACK | 灰になるまで恋を・・・FOREVER | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。